2011年12月19日

総付景品等ガイドラインが認める1月の提供日

やはり最近、ガイドライン関係のご質問が多いです。
私も疑問に思ったのが、1月に何日提供できるのかということ。

・菓子類
・飲料
・ティッシュその他の日用品

上記のうち、「おしぼり」「密閉容器を使用しない湯茶」「うちわ」「マスク」「(1個の)あめ玉」「ポケットティッシュ」については、営業所内での提供については日数の制限がありませんが、それ以外については毎月1回と制限されています。

ただし、正月の3日間については例外とされているようです。

ガイドラインでは、
「一月内における提供日数が1日(開店披露、創業記念等の行事に際して提供する日数を含み、1月1日から1月3日までの日についてはこれを算入しない。)を越えること。」とあり、

「これ(↑)に該当しないものとする。」となっているのですが、

「1月1日から3日まで提供してしまったらそれで1月の提供は終わり」とするのか、それとも「さらにもう一日分の提供日を追加で設けることができる」とするのか。

私が聞いたところでは、正月三が日とは別に、さらに一日の提供日を設けることができるという解釈だそうです。
つまり、1月の1日、2日、3日と提供した後で、5日とか、31日などにも提供して良いと言うことです。(私があるスジから聞いた限りのことですので、本当にそのように運用されているかどうかは不明です。)
確かに、そのように読むことができますが、このガイドラインの表現からして、それでよいのかどうか少々迷ってしまいました。

一方では、来店ポイントについて「第三者が提供する景品についてはガイドラインの規制を受けない。」という解釈が一部に流れているようです。
これは業界団体からの情報ではないのであしからず。

ガイドラインを見る限りは、店が提供する景品は200円以下とされていますから、蓄積されたポイントと交換して提供する景品の全てが200円以下であるとは考えにくいため、実質的に来店ポイントサービスはガイドラインに違反するとも解釈できるかと思います。

しかし、業界が独自に作ったルールですので、その解釈はルールを作った業界自身が行うべきで、私などが出る幕ではないでしょう。

posted by 風営法担当 at 15:21 | Comment(0) | パチンコ・ゲームセンター・遊技場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: