2012年02月18日

賞品買い取りの疑いで社長ら逮捕 というニュース

賞品買取り容疑と思われますが、風営法違反で逮捕とのニュースです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120218-00000272-mailo-l29

年末に発生した事案で2月16日の逮捕。
風営法23条1項2号「客に提供した賞品を買い取ること。」
に違反したという意味だと推測しています。

気になるのは、
<容疑者は「買い取りが悪いと思っていない」と否認>
という一文です。

買い取りが悪いと思っていない。
これは、<買い取りしたことは認めるが、それは悪いことではない。>
という主張がされているのでしょうか?

つまり、買取したことを否認しているのではなく、
買い取りの違法性について否定しているという意味でしょうか。

この事案については実態がわかりませんから、ここまでにします。
私が考えるのは、営業の要(カナメ)である賞品の取り扱いに関して、ホール業界の皆さんの法的理解が薄いことです。

もちろん、企業によって、店長によっても理解度は様々ですが、
「あまり深く考えていないのだな・・・」
と感じることがしばしばあります。

長年平然とやってきたこと。周りの誰もがやっていること。
日常の風景の中で起きていることが、「当たり前」に感じてしまうことはよくあります。

「当たり前のことをやって何が悪い。」

しかしその「当たり前」が、ごく限られた場所と時間における「当たり前」であることを忘れてしまってはいけません。

コンプライアンスセミナーの合間に、よくお話する教訓のひとつですが。
もしやむをえず「リスクがあること」をやってしまったとしても、せめてそのことが「特別なこと」であったことは認識しておいてください。
1回やってみた。大丈夫だった。2度目も大丈夫だった。3度目も。。。

そうやっているうちに、自分自身だけでなく、周囲も、部下も、上司も、違法なことが「当たり前」に感じてしまうようになります。いわゆる「麻痺」という現象です。
これはどこにでも起こりうることです。

「今回だけは仕方なくやってしまった。これは特別なことであって、本来あってはならないことなんだ。何か問題が発生したら、判断したこの私が責任を取ります。」
違法なことをやるにしても、そういう覚悟でやることが「判断」というものです。
posted by 風営法担当 at 19:21 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場