2012年04月17日

貯玉・再プレーシステムの利用に伴う手数料の取扱いについて(警察庁通知 平成24年4月13日)

関係者各位
                     事務連絡
                     平成24年4月13日
                     警察庁生活安全局保安課理事官

 ぱちんこ業界においては、遊技客が遊技の結果ごとに、遊技の結果として表示された遊技球等(遊技の用に供する玉、メダルその他これらに類する物をいう。以下同じ。)の全部又は一部の数量をシステムに記録し、又はすでに記録されている遊技球等の数量に加算して、次回以降に、システムに記録されている遊技球等の数量に対応する金額と等価の賞品の提供を受けることができるシステム(いわゆる貯玉システム)や、遊技客が遊技の結果ごとに、遊技の結果として表示された遊技球等の数量に加算して、次回以降の遊技において、システムに記録されている遊技球等の数量に対応する遊技球等の提供を受けて、遊技料金を支払うことなく再び遊技をすることができるシステム(いわゆる再プレーシステム)が導入されているところである。
 上記2つのシステム(以下「貯玉・再プレーシステム」という。」)については、警察庁としても、適正に運用されれば、一部の賞品に交換需要が集中している現状を是正する一助となるものと認識しているところである。
 他方で、貯玉・再プレーシステムの運用については、一部のぱちんこ店において、その利用に伴う手数料等と称して一定数の遊技球等を徴収している実態が見受けられるところである。これは、名目のいかんを問わず、本来遊技の用に供するための物にすぎない遊技球等について、これを金銭として扱うものであり、すなわち、実質的に換金行為を行っているとみなし得るものである。加えて、一定数の遊技球等に対する賞品として貯玉・再プレーシステムの利用権を提供することとすることについても、ぱちんこ営業における賞品が有体物に限定されていること(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則(昭和60年国家公安委員会規則第1号)第35条第2項第1号イ)から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第19条に違反するものである。
 以上を踏まえ、貯玉・再プレーシステムの利用に伴い手数料等を徴収する運用を行っている営業者は、直ちに自店における運用を見直し、適切な措置を講じられたい。

以上

※内容に誤字脱字等がありましたらご容赦ください。

posted by 風営法担当 at 11:33 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場