2012年04月26日

疑わしいのは自分

以前にも書いたことですが、やはり私は疑わしいです。
変な表現ですが、自分の判断は間違っているかもしれないと思いながら、仕事をしています。
なぜなら、本当に私のミスが多いからであって、事務員さんや事務所の同僚の皆さんが迂闊な私をサポートしてくれるおかげで、どうにかなっているのが現実です。

こちらのブログにしても、たまに読み返してみると「オカシなことを書いているなあ。」とか「間違っていた。」と気がつくことがよくあって、その都度内容を変えたり消したりしています。
先日、あるホール企業の法務担当の方からご質問いただいて、いや、これはご質問というよりも私に教えてくださったのだと思いますが、遊技機の配置変更の際には変更届出が必要だということに今更気がつきました。

規則をよく読んでみると、たしかに遊技機については配置変更後30日以内に届出が必要です。
現状では毎月入れ替えをされているホールがほとんどなので、入替え申請が配置変更届を兼ねていることになっているのだと思いますが、いずれ入替え回数が少ない時代になれば、配置変更の届出が増えることになるのかもしれません。
要するに、私も日々発見し修正しながら変化しているというわけで、自分の理解というものを疑わないではおれません。

こんなことをブログで書くのは、今日も私がミスをしていたからで、何があったかと言うと、不注意で赤信号の横断歩道を渡ってしまったからです。
たまに、めずらしい順序で点灯する信号があるようで、周囲の風景に無意識に反応していまい、信号をよく確認しないうちに赤信号を歩いていました。

事故にあわずにすんだので良かったのですが、こういうとがよくあります。
日常の惰性でなんとなく判断しているうちに大失敗してしまうということです。
先日も、ひさしぶりに東横線という私鉄に飛び乗ったら、女性専用車両でした。
恥ずかしいことですが、同じ駅で、もう2回目です。

こういう具合ですので、大事な場面ではとりわけ慎重に考えて、リスクを様々に検討するよう心がけています。よく「考えすぎだよ。」と事務所でも言われますが、自分を信じないことが信条である私としては、これが私の個性でもあります。
「考えすぎることが無駄」ということなら、私ほど日頃無駄なことをしている人間も珍しいと思います。
しかし、これで多少なりとも皆様のお役に立てることがあるなら、それはそれで結構なことだと思っています。
posted by 風営法担当 at 13:28 | コンプライアンス総合