2012年06月12日

変更の事由 地域によって書式が違う!?

※後日談として
この件につきましては、どうやら「変更の事由欄」が一つの方の書式が正しいようです。
まさか、書式がちょっと違うくらいで問題が生じることはないと思いますが、東京法令出版に記載された書式を使っている方が無難なようなので、その旨をあらかじめご了承のうえ以下をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問合せで気がつきました。
風俗営業者が遊技機の入替えなどで使用する変更承認申請書の書式。
「別記様式第11号」という書式ですが、この書式の一番下に「変更の事由」という欄があります。

ホールの店長さんなら、入替えのたびに眺めているはずのこの書式。
私が日頃使用している書式では、この「変更の事由」欄は一つ。
しかし、ある地域ではこの欄が左右二つに分かれているのだそうです。

ウソか本当か調べてみると、その地域の本部さんのホームページではたしかに「変更の事由欄」が分かれていました。

記入ミスということかもしれないので、その方面にいる知り合いの方に聞いてみると、この書式が一般に使用されているとのこと。

さらには、別の県警さんのホームページでも分割タイプでした。

申請書の書式は風営法施行規則で定められているので全国共通のはずですが、私が持っている東京法令出版の書式は分割されていないタイプで、大成出版というところの法令集では分割タイプだという話もありました。

気になったので、各都道府県警のホームーページを眺めてみましたが、書式を掲載しているところでは、2箇所以外で「変更の事由」が分割されているところは、まだ発見できていません。

いったいどちらが正しいのか、調べていますがよくわかりません。
そもそも「変更の事由」について「新」と「旧」に分けて書く必要性がよくわかりません。
実際のところ、分割タイプの地域では、変更の事由は左側の欄に記入するのが実務上の取り扱いのようです。


どうでもよいことではありますが、ちょっと面白い話でしたのでアップしてしまいました。

posted by 風営法担当 at 18:02 | 風営法一般