2012年06月27日

これを読んだ人は10月から犯罪者になる!?

消費税増税法案の衆議院通過が身近な問題として世間の注目を集めていましたが、一方でもうひとつの身近な法案、著作権法改正案が今月20日、可決成立しました。

今年の10月1日から、
『違法であることを知りながら有償の音楽又は映像を私的使用の目的で複製する行為』
について、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金が科されることとなりました。

 ※法案の詳細はこちらをクリック 参議院 第180回国会 議案審議情報

たとえば、このブログをすでにお読みになった人が、
「TVで話題になっていたAKB48の新曲をYouTubeで発見し、ドライブ中でも聴きたいがためにその楽曲データをパソコンにダウンロードした。」
10月以降は、これが犯罪だということです。

わかりやすく解説しましょう。
もう一度、頭の体操だと思って上記『 』の中を見てから以下をお読みください。

@この「ブログ」をすでにご覧になった以上、皆さんは著作権法改正によってこのような行為が「違法である」ことをすでに知っています。

Aさらに、AKB48の新曲がTVで話題になっていることを知っているということは、その楽曲データが「有償の音楽」であることも知っています。「有償の音楽」とは、本来お金を払わなければ通常は入手できないはずの音楽という意味です。

Bそして、ストリーム形式以外の方法でそのデータをダウンロードすると、それは「違法な複製」です。
(YouTubeに備わったストリーム形式の機能で映像を見たり音楽を聴くことは「違法な複製」とはなりません)

@ABの全ての要件を満たした時点で犯罪だということなのであります。
これだけのことで二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金ですが、飲酒運転や覚せい剤の所持と同レベルの重さです。

もし、「違法であること」を知らないでダウンロードしていたらどうだったのでしょう。
たとえば、
「私、AKBとかいう人たちを知りませんが、なんとなく興味がわいたのでダウンロードしてコピーしたようです。これって違法だったんですか?」

これでは犯罪とならないでしょう。
「有償の楽曲であること」も、「違法であること」も、本当に知らなかったということならば。。。
なお、改正著作権法の附則の中で、こんなことが書いてありました。

「国及び地方公共団体は、未成年者があらゆる機会を通じて特定侵害行為の防止の重要性に対する理解を深めることができるよう、学校その他の様々な場を通じて特定侵害行為の防止に関する教育の充実を図らなければならない。」

いずれ学校でも著作権法に関するセミナーやら授業やらが行われるのでしょう。
そのときには、耳をふさいでいた方が身の為だったりして。
なんてことは冗談ではありますが、未成年者も法令を理解しなければならない時代になりました。
現実には、「知らなかった。」で済むほど甘くないのですから。

弊社でも、風営法だけでなく、法令全般を楽しく理解していただくための工夫を行っています。
自分で考え、意見として話してみる。
こういうことを日頃から継続しておくことで、いつの間にか法的判断の能力がアップしてしまうものです。

風営法だけでなく、様々なコンプライアンスセミナーに対応していますので、お気軽にお問合せいただきたいです。
もちろん、いつでも気軽に相談できる「法務コンシェルジュ」をご利用いただければなによりです。
風営法だけでなく、法的な問題を幅広く、難しいことをわかりやすく、お話させていただいております。

posted by 風営法担当 at 16:07 | コンプライアンス総合