2012年07月27日

肩がこるコンプライアンスになっていませんか

特技の少ない私ですが、肩モミだけはかなり好評です。

そんな出だしから無理やり、ホールのコンプライアンスを「肩こり」にたとえてみます。
肩がこらないコンプライアンスをしていただきたいと思うからです。

よくある「肩こり」のパターンとして。

@姿勢の悪さによる肩こり

猫背であったり、左右どちらかに傾いていたり、要するに日頃の姿勢がゆがんでいるために肩がこってしまうというタイプ。
これを直すには、日頃の考え方や生活習慣から正してゆかないと、いくら肩をマッサージしても気休めにしかなりません。

Aストレスによる肩こり

何事もメリハリとバランス感覚が大事です。
見るもの全てに怖がってしまうと、極度に緊張して肩こりになります。
無駄な力を抜き、リラックスして、必要なところだけしっかり力を入れる、といった柔軟性を養いましょう。

B全身を使わないことによる肩こり

体の一部分だけに難しい作業をまかせっきりにしてしまうと、結局その部分の疲労が全身に影響します。
無理をしないで全身の筋肉を使うようこころがけましょう。


さて、以上のことはホール営業のコンプライアンスに当てはめられます。

(姿勢の悪さ)
基本的に姿勢が悪ければ、法律をいくら暗記したって何の役にも立ちません。
コンプライアンスは「生き方」であり、リスクの選び方でもあります。
その部分をいい加減なままにしていては、法律理解の意味がないのです。
つまり、経営姿勢が悪いために、まともなコンプライアンスが成り立たないというケースがあります。

(無駄なストレス)
次に、最近多いなあと感じるのですが、法律を完璧に守ろうとして、「何もそこまでしなくても・・・」と私などが思ってしまうような気遣いをして、そのことで疲労困憊したり、社内で対立したりするケースもあります。
「これも違反になるかも」「これも指導を受けるかも」と、悪い想像をするとキリが無いという現実があります。
行政の意図、現実的なリスク、対処の優先順位などを総合的に考えて判断するのが「責任者」たる者の役割ですから、時には「これはこのままでよい。責任はオレが取る。」という責任者による対応が必要です。
気になることをなんでもかんでも真っ白にしようなんて、あまり現実的ではないのです。

(部分疲労)
法律のことを一部の人にまかせきってしまう風景も見ます。
「法的判断は法律担当者がすることだ」という発想をもしお持ちだとしたら、非常に危険な状態です。
法律は社会人である以上必ずつきまとう問題であって、その判断を専門家に押し付け、結果が悪ければ責任を取らせるということなら、「いったい何のための責任者なの?」ということになります。
法的判断を行い、その責任を取るがために責任者という人がいます。
各人の権限にあった法的理解力を各人の努力で鍛えさせなければなりません。
そういったことをしないで、誰かに責任を取らせればよいということなら、まともなコンプライアンスは成り立ちようがありませんし、能力のある人はそこからいなくなってしまうでしょう。


こういった背景があって、肩のこるコンプライアンスになってしまう傾向をよく見かけます。
「法律の勉強をすればいいんだ。」
ということでは済まないのです。

肩のこらない、健康なコンプライアンスを目指しましょう。

<追加情報>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆のぞみ総研 風営法勉強会 「ここだけの話」 参加者募集のお知らせ
http://fuei.sblo.jp/article/57915297.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 風営法担当 at 13:46 | コンプライアンス総合