2012年09月25日

質問の功罪

風営法に限らず、法令解釈にはどうしても幅、いわゆるグレーな部分があります。
そのグレーである部分に耐え切れなくて、「行政に質問してしまえばいい」と発想する人の多いこと。

「常識で判断してよ。」と思う行政側に対し、やれるところギリギリまで限界に挑戦したいホール側。
基本的に相容れない立場にあることは明らかですが、だからといって白黒はっきりつけるためにQ&Aという方式で行政の明確な回答を引き出してみたとして、そのメリットはどれほどだったでしょうか。
もちろん明確になってよかった部分もあるでしょうが。。。

グレーな部分について、行政として「うん、大丈夫」と言えるわけがありません。
グレーであればこそ、もっとも厳しい解釈を示しておくしかないのがあちらの立場です。
しかも今回は昨年につづいて2度目ですから、前回よりずっと厳しくなることは想像がつきそうだと思うのです。
それを承知で質問したのであれば、「ゲっ」と驚かなくてもよいでしょう。

いつもQ&Aを見て思うのは、質問のレベルです。
やはり、法制度の基本的な意味とか法の趣旨とか、そういったところはまったくお構いなし。
行政側の立場も、業界のおかれた状況も、ぜんぜん意に介していないような質問がそのまま「Q」になってしまうというのは、どうにもおかしいと感じます。

私などが質問するときには、「こういう理由でこういうことをする予定ですが・・・」と言います。まず自分の主張とその理由を説明してから意見をうかがうのが基本です。
そして、「やっていいですか?」ではなくて、「私はやっていいと思うのですが、もし問題ありましたらご指導願います。そのときは必ず従います。」という態度の方が合理的と思うのですが、いかがでしょう。

そのような方法をとれば、「ダメという根拠がないからダメとまでは言わない。でもOKとも言っていない。」という反応が期待されます。

ちょっとした考え方の違いですが、こういう発想でもっと柔軟にやっていただきたいと思います。
私としては、このようなホール業界のコンプライアンスのありようを少しでもいいから変えてゆきたいのです。

あさって勉強会ですが、さて何人集まるかしら。
自分で考えることになれていただきたのですけれど。。。


のぞみ総研風営法担当者

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
従業者指導実施支援ツール12.01 EXCEL版

詳細は以下をご覧ください。

http://cozylaw.com/cart/shidou.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by 風営法担当 at 19:57 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場