2012年12月27日

のぞみ総研って何だろうかと 〜 この一年を振り返って

この一年を振り返ってみて思うこと。

まず、こちらのブログでは年末に近づくにつれ、書き込む回数が減少しました。
風営法について書きたいことが無いわけではないのですが、どうにも書きにくいというのが本音でありました。
私ども「のぞみ総研」は、もともと行政書士の事務所です。
風営法や業界のありようを語る「論客」ではございません。
では何者かと考えてみると、たいしたことはないのです。

一言で言えば、「もったいない」のキーワードでこれまでやって参りました。
15年くらい前に行政手続の仕事を始めて、その当時は風営法も関係業界のこともよくわからず、行政や業界の方々から大変親切にいろいろなことを教えていただいて、少しずつ理解を深めつつすごして参りました。
私どもが理解したことは主に、「3つのギョウ」でした。

 <業法・業界・行政>

この3つをふまえて総合的に判断することがお客様にとって重要なのだから、そのノウハウをわかりやすく無駄なく伝えることが、お客様のお役に立てる道なのだと考えるようになりました。

きれいごとで言うのではなく、本当にたくさんの皆さまからご支援をいただいて参りました。
そうやって蓄積した知識やモノの見方や経験などを行政手続の代行業務だけに費やすのは「もったいない」と思い、法務相談のサービスを始めました。

同業者からは苦情を言われるかもしれませんが、行政手続というものは、なるべくご本人でされた方がよいのです。
法制度は極力簡便で意味のあるものであるべきですし、法務の資格者も、お客様がご自分で法務を執り行っていけるように支援して、難しいところや面倒なところだけを外部に肩代わりさせるようにした方がお役に立てるのだと思います。

仕事を得るために、「法律が難しくあってほしい」とか、「手続や書類が複雑面倒であってほしい」とか、そういう意識でいたら、国民やお客様から納得されないはずです。
でも、そのようなお客様の立場に立っての発想というものが、私どもが所属する業界には欠けているように思います。

我々は法務の中のごく一部だけに詳しい、偏った人間の集団です。
別に頭の出来が良いわけではなく、ただ特定の分野のことばかり情報を集め、考え、悩んでいるから、その分野について「専門」だと名乗らせていただいているわけです。

のぞみ総研は、パチンコ業界をはじめとする風営法関連の業界において、皆様が「もったいない判断」をされないよう、良いタイミングで良いアドバイスをするよう努力して来たつもりではありますが、まだまだ努力が足りません。

それだけの存在に過ぎない私どもですが、その偏った知識や経験を何かしら世の中のために生かしてゆかないと、これまでご支援くださった皆様に申し訳が立ちません。
ムダにするのは「もったいない」ので、来年もこの仕事を続けてゆこうと思います。

また、こちらのブログでは、風営法以外のことも掲載してゆこうと思います。
なぜなら、幅広く社会について考えることは、風営法の諸問題の判断にも影響があると思うからです。
平素からメールマガジン等で配信させていただいているネタも、こちらでアップしてゆこうかと思います。

さて。
本年もたくさんご支援をいただきました。
このブログをご覧の皆様へ、心より御礼申し上げます。
来年が皆様にとって良い年でありますよう。。。

のぞみ総研一同


posted by 風営法担当 at 17:11 | のぞみ合同事務所について