2013年02月18日

怖いものと危険なもの

(法務コンシェルジュメールマガジン2012年10月3日掲載)

小学校2年生の学校の帰り道、ちょうど今頃の季節でした。
田園都市線に乗って江田駅を通り過ぎたあたりで、車窓から見える小山の向こうに一本の煙が立っていました。
帰宅した直後にテレビを見て驚きました。その煙は横浜市内の住宅地に墜落した米軍機の爆発によるものでした。

三歳と一歳の幼児2名が全身火傷により翌日死亡し、そのお母さんも火傷のため4ヵ月後に亡くなりました。そのお母さんが車椅子に座っていた様子を覚えているのは、当時私の母親も同じ病院で入院していたからです。自分の母親は助かったけれど、あのお母さんは死んでしまったのだ、という思いが当時、私の心を離れませんでした。

私にとって軍用機は「怖い」存在です。
今住んでいる場所にしても、座間基地から近いところなのでヘリコプターの離発着の様子をよく見かけます。
そう言えば最近はヘリポート付の高層マンションがあって、「かっこいい」イメージではありますが、危険だからヤメロという反対運動はあるのでしょうか。
オスプレイの配備について、「危ないから反対」という気分は当然だと思いますが、「では他のリスクにはどう向き合っているのか?」と考えてしまうと、なかなか難しい問題を含んでいます。

軍用機でなくとも航空機はたくさん飛行しています。オスプレイが消えても沖縄に限らず広く全国で墜落の危険はあるのです。「飛行」を 「通行」に置き換えるなら自動車はどうなのか。国内だけで毎年6000人以上が着実に死亡し数万人が死傷していますが、オスプレイによる事故の危険性と比較したらどうなるか。
「危険だから乗用車の配備をやめろ!」という人はいませんが、どうして法定速度を超えられる乗用車が販売されているのでしょう。

「自動車は社会にとって必要だから犠牲は無視してよい。」ということならば、国防のために配備されるオスプレイに関してはもっと無視 してよいことになるでしょう。個人や企業が娯楽や利便のために利用する自動車でさえ必要であるなら、国家が公費を投じて配備する乗り物はさらに必要性が高いはずだからです。

我々は常に様々の危険と隣りあわせで生きています。つまり危険を受け入れ、開き直って生きています。しかし、そのままでは受け入れられないリスクについては対策を立てています。リスクと「共存する」または「共存しない」という判断をしながらリスクと付き合うことをリスク管理と言います。
リスク管理においては「怖いもの」と「危険なもの」を混同しがちです。

極端な例えですが、ジェットコースターの事故による犠牲者と、遊園地へ行く途中での交通事故の犠牲者と、どちらが多かったかを比較すれば、交通事故の方が危険だということになるでしょう。でも「怖い」と感じるのはジェットコースターの方です。
オスプレイの問題は、リスク計算だけでは解明できない複雑な事情が背景にあるということです。
posted by 風営法担当 at 00:00 | 歴史チャンネル