2013年04月08日

不平等を無くすためのダンス

(法務コンシェルジュメールマガジン2012年11月28日号掲載)

明治16年の今日は鹿鳴館の落成祝賀会が開かれた日です。
鹿鳴館は現在の日比谷公園のすぐそば、都内の内幸町にありましたが、昭和15年に取り壊されました。
鹿鳴館は外国からの賓客や外交官を接待するために明治政府が建てた社交場ですが、社交場として使用されたのは明治16年からわずか4年間でした。

当時、日本に滞在する外国人が犯罪を犯しても日本国内の法律で裁判することができませんでした。
これを治外法権といいますが、不平等な条約だということで一刻も早く改正することが明治政府の悲願でした。
でも当時の外国人の正直な感想として、日本の役所に逮捕されたり裁判されたりするのであれば、怖くてとても日本にいられなかったでしょう。
江戸時代の日本は一罰百戒。
年間江戸の町だけで1000人以上が刑死されていたという信じがたい話もありますが、外国人から見ればちょっと前まで残虐極まりない刑罰が公開で行われていたわけですので、とても「平等」というわけにはゆかなかったでしょう。

要するに、当時の日本は野蛮だとみなされていたので、明治政府としてはなんとかして「欧米文化を身につけた優等国」であることを見せ付ける必要に迫られました。
そこで考え出したのが官営のキャバレーだったというわけですが、実は外国人からの評価はイマイチだったようです。

当時の日本人が社交ダンスや洋食のマナーを見よう見まねでやったところで、本場の一流には程遠く、ひそかにバカにされていた様子です。
むしろ当時の外国人には、日本古来の伝統や美意識の方が畏敬の対象となっていたようで、国内外であまり評判が良くなかったことが、鹿鳴館の短命の理由だったかもしれません。

当初は見よう見真似で始めた社交ダンスですが、一方では「男女が腕を組んで踊るなど卑猥だ。」
という日本的な評価もありまして、現在に至るまで風営法によるダンス営業規制が残っています。
社交ダンスだけが規制を受けるのは「不平等」ということでしょうか、最近はクラブハウスなど社交ダンス以外の踊りに対して取締りが厳しくなっていて、今後さらに強化されるきざしもあるようです。

昨年から義務教育で必修化されたダンスですが、法的な位置づけにはまだいろいろな問題が残っているのです。
posted by 風営法担当 at 00:00 | 歴史チャンネル