2013年02月13日

今日は風適法の誕生日

昭和59年8月14日、それまでの「風俗営業取締法」を「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」へと変更する改正法案が成立し、翌昭和60年2月13日に試行されました。
つまり、28年前の今日、新しい風営法が施行されたわけで、ある意味では新風営法28歳の誕生日とも言えます。

私は通常「風営法」という言葉を使いますが、この改正を境に略称として「風適法」とか「風営適正化法」とも言われるようになりました。

「適正化」という字についてはいろいろな考え方がありえます。
もともとは風俗営業を「取締る法律」という色合いが濃かったところを、「適正化をはかる」制度へ、つまり「処罰よりも指導」へと制度の重心をを変えたことは大きな方向転換だったと思います。

しかし、警察庁発出の文書を見る限りでは現在でも「風適法」とか「風営適正化法」といった略称は使われておらず、一貫して「風営法」が使われています。

風営法は昭和23年に制定された当時から現在に至るまで、改正はあれどもひとつの法律として存続してきました。
「適正化」という文字にこだわるのであれば、昭和60年以前の風営法は「風営取締法」とでも言いましょうが、新旧いずれも「風営」という部分は共通しているわけです。

「適正化」というニュアンスの有無を重く見るか見ないかという視点が略称の使い方に影響しているのでしょう。
しょせんは略称ですから、どのような言葉を使うおうとも使う人の自由ですが、新風営法の誕生日にあたってフトそんなことを考えてしまいました。

posted by 風営法担当 at 13:22 | 風営法一般