2013年04月25日

賞品価格の表示方法について思う

賞品の取り揃え状況について全国的に調査が行われるようです。

公安委員会は風営法にもとづいて風俗営業者に対し報告を又は資料の提出を求めることができます。
風営法の報告義務などについては別の項で書こうと思います。

今日のネタは賞品の表示方法です。
最近、これに関するお問合せが多かったし、今後さらにお問合せが増えそうなので。

さて、賞品価格の表示方法ですが、多くの場合は
「4円パチンコ 何玉、20円スロット 何枚」
といった具合の表記が多いようです。

地域によっては、これに金額を併記することもあるようですし、金額は記載しないこととなっている地域もあるようです。

賞品の金額を表記することは、「換金しているとの疑いを受ける」という理由でよろしくないという考え方もあるようですが、これについては<いかがなものか>という気もします。

では、風営法は何と言っているかというと、風営法では遊技料金の表示については触れていますが、賞品の価格表示については何も語っていません。
「等価で交換」することを義務付けている程度です。   

都道府県によっては、風営法施行条例の中で<賞品の提供方法の表示義務>を定めているところもありますが、賞品の価格表示に関するルールについては記憶がありません。

最近は遊技料金の体系が複雑になってきていますが、1パチ、4パチ、5スロ、20スロ・・・と、いちいちこんなに細かく表示していて、
「お客さんにとって、これでわかりやすいのだろうか?」
と思う場面をたまに見かけます。

私が思うに、お客さんが賞品を適切に選択できるようわかりやすく表記していればよいのであって、その表記方法は状況に応じて柔軟に選択すればよいのでないかと思います。

ですので、「こんな表示方法で大丈夫ですか?」というご質問には、
「お客様から見てわかりやすければよいと思います。」
と答えたいところです。
行政庁の考え方も、おそらく大方はそのようなご意見だろうと思います。

が、表記方法について特別なこだわりをお持ちの方も世の中にはいらっしゃるでしょうから、
「それで絶対に大丈夫。」とはなかなか言い切れないのが現実です。

世の中、法律の正しい解釈がまかりとおるわけではないし、「正しい解釈」なんてものは、人間の数だけあるのですね。

賞品の表示価格が市場価格とずれていれば問題ではありますが、その価格の表示方法に少々個性があったからといって、風営法違反になるわけではありません。

もう少し柔軟に判断されても良いのじゃないかと、フト思った次第です。



posted by 風営法担当 at 10:11 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場