2013年06月10日

一般飲食店に対する客引きの規制

風営法では風俗営業者のほか、店舗型性風俗特殊営業や深夜の飲食店営業などによる客引き行為を禁止しています。

一般的に風営法と縁が無いと思われている普通の飲食店であっても、深夜0時以降に客引きを行えば風営法違反となります。

言い換えれば、深夜0時より前の時間帯であれば、居酒屋やカラオケ店などが客引きをしたとしても風営法違反には問われないことになります。

また迷惑防止条例においても不当な客引きが禁止されていますが、こちらも売春などの性的サービスに類似する営業による客引きを規制しているものの、それ以外の客紀を規制するには物足りない内容です。

さて、新宿区では「(仮称)新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例の骨子(案)」についてパブリックコメントが募集されていましたが、その後区議会に条例案として提出される運びのようです。

これまで法令の及ばなかった一般飲食店が規制の対象となるかもしれません。
この違反行為に対して罰則はありませんが、行政庁が中止を指導できる内容になるようです。
罰則がなくとも違法は違法です。
大手チェーンにとっては「罰則がないから大丈夫」というわけにも行きません。

たしかに巷の客引きには、ときに目に余るものがあります。
商売熱心なのは結構ですが、そろそろこういった行為も法の規制が必要になるのでしょうか。


http://www.city.shinjuku.lg.jp/anzen/kikikanri01_001042_01.html


posted by 風営法担当 at 14:56 | 飲食店業界
top_banner_soudan.png