2013年06月26日

無承認変更で営業停止というニュースについて思う

北海道方面の店舗で営業停止処分が出たとのことです。
詳しい実情はともかくとして、背景に釘の問題が絡んでいるようです。

処分のニュースが出た後、業界では多くの場合「行政が厳しくなった」という反応となりますが、今の時期は「行政が」というよりは、「世間が」というとらえ方を意識するべきかと思います。

行政講話などを伺っていても、「世間の視線を意識してほしい」という趣旨の話がよくでます。
法令遵守は当然のことではありますが、単に法令を守ればよいということでなく、「世間との摩擦」を起こさないような配慮もしなければならないと思うのです。

「法令を遵守しよう」という掛け声だけでは解決できない問題が現実にはたくさんあります。
法令を完璧に守ることはとても難しいことです。
風営法を暗記するだけではダメなのです。

一般の多くの人々は「法令を守っているつもり」ではあっても、完璧に法令遵守しているわけではありませんし、法律制度自体が完璧なものでなありません。

企業活動であればなおさらのこと、完璧な法令遵守は難しいものです。
今すぐ完璧を実現できないのであれば、「今何が重要なのか。」ということを常に意識して取り組むことになります。

そのような配慮ができる人材を育成するべきということもあるでしょう。
経営者もホール現場も、そこのところ、つまり今業界が抱えている法的な問題の核心について、充分理解し訓練しておく必要があるでしょう。
「法律を守ればよい」ということだけでなく、今求められている期待に適切に応えることが重要と思います。

先日のある行政講話では、遊技機の無承認変更について注意を促す話が繰り返されました。
「変更するなら承認を受けてください。」と言う当たり前の話ではありますが、単に手続をしっかりやれ、という意味ではないはずです。
その背景にある問題について、世間の視線を意識して慎重に対応せよ、という意味だと私は<勝手に>解釈しました。

何度も申しますが、単に「法令を守れ」ということでなく、もっと高度なことが求められているのだと思います。
「行政が厳しくなった」という納得だけでは済ませられない話だと、思うところです。

posted by 風営法担当 at 10:28 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場