2019年01月18日

行政処分の多い地域はどこか?

年末に業界を騒がす話もありましたし、たまには行政処分の状況を分析してみるのもよいでしょう。

というわけで全般的な傾向を振り返ってみますと。。。

いやいや、これはいずれ業界誌で書かれると思いますので、詳細はやめておきます。

ただひとつ。地域ごとの温度差について触れます。

「処分が多い地域はどこですか?」

というご質問はたまにあります。

行政側は、そりゃ当然ながら仕事でありますから、それなりの処分件数をこなすに決まっていますが、風営法違反事案のなかでパチンコ店の違反処分がどの程度か?

店舗数の濃度が地域によって異なるので、単純に比較はできませんが、なんとなく感じる温度差はあります。

「ウチの県は処分なんてめったにないよ。」という話。

よく聞きます。で、本当に甘いんですよ。ということもありますし、たまたま最近は処分が少なかったということもあります。

そして、一つ私から申してあげておきたいのは、「ウチは甘いから大丈夫」という話が出回っている地域は、そろそろ危ないんじゃないでしょうか。ということです。

あちらもお仕事ですから、「甘い」なんて評価を世間から下されて、だまっていられるものでしょうか。

ま。それでもだまっていられるというところも中にはあるんでしょうけれど、天気予報みたいな感覚で未来を占うなら、「甘い」という話が出てくると、山の向こうからゴロゴロと音が聞こえてきている状況だと思うんですよね。

そろそろ雨が。いや嵐かもしれません。

ですので、過去の状況から将来の摘発動向を占って安心しても、あまり意味がないのだと思います。

とか言いつつ、やはり、それなりの傾向はありますね。

嵐が吹きやすい地域と晴天の多い地域。
やはり特徴があるなあと、過去の分析から気がつくことが多々あります。

そういったことはブログでは触れにくいですけれど。
posted by 風営法担当 at 14:45 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2019年01月01日

2019年のホール業界は今のコンプライアンスに対応できるかな

2019年となりました。今年ものぞみ総研をよろしくお願いします。

元号が変わる年となりますが、コンプライアンスの在り方も画期となりそうな気がします。

それが良い方向へと向かうならよいのですが、そう簡単なことではなさそうです。

基本的には「法律どおり」の流れは変わりません。

問題の一つは、法律が現実に対応していない部分が多々あるなかで、実際の運用をどうするか。

もう一つは、法令遵守化が進む中で、旧態依然たる認識の人々をどうするか。

組織というものは、上の人ほど経験も豊富でして、それは言い換えれば「過去にとらわれがち」でもあります。

コンプライアンスはルールを覚えることよりも「時代に対応すること」が重要なのですが、それは非常に難しいこと。

何も変わっていないようでいて少しずつ変わっている<世の中の微妙な変化>を読み取り、判断の癖を少しずつ調整してゆくなんて、簡単なことではありません。

人は常に「時代遅れ」と「先取りしすぎ」の間で行ったり来たりしているのです。

そして多くの場合において人は「時代遅れ」です。

私自身もそうです。だから、そうであることを自覚して時代にのぞみます。

今年の、のぞみ総研のキーワードは「応じる」としました。

今年も釘関係と買取関係は要注意と思います。

そして、世代間のコンプライアンス意識の格差問題にも意識せざるをえないでしょう。
posted by 風営法担当 at 11:29 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年12月27日

今年のホール業界の摘発リスクを振り返って

さて。

今年最後になりそうなので、この一年を振り返ってみますと。

これはパチンコ業界特有の話ですが、行政処分としての許可取消を強く意識した年でした。

この時期は飲食店系の摘発の相談が多いですが、あちらは許可取消なんてそうそうありません。

設備の無承認変更でも、書類送検されないとか、停止2月とか、条例違反どまりとか、指示処分とかもあります。

ところが、パチンコ業界では部品一個の無承認変更で営業停止6月とか書類送検とか、起きてますよね。

世情ではあまり認識されていませんが、パチンコ店の許可取り消し処分だって実際に起き得るし、ある意味では現に起きています。

このあたりの感覚は中小ホールと大手さんとではかなり温度差がありますね。

 <<なぜでしょうね>>

本来なら多店舗展開している法人の方がリスクが高いはずなんですけれど、人の感覚というものは数値的な合理性とは別なのです。そもそもリスクをご存じないし。

まあ、それはさておき。

最大のリスクである無承認変更ですが、事業関係者からの情報漏えい又は通報が背景にあると思われる事案がここ数年増えています。

社内の人間関係や雰囲気が非常に重要だということは、このブログでもたびたび指摘してきましたが、かといって「どうすればいいのか?」となると、ことは容易ではありません。

長期的な視野で社内風土を改善してゆく計画を立てることが第一歩です。
当然これは経営層の覚悟が必要です。

平成もそろそろ終わりになります。
新しい時代に対応できる組織づくりは、今すぐ始めるのがよろしいと思いますよ。
posted by 風営法担当 at 11:02 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年12月03日

客に提供した特殊景品を買取り 風営法違反容疑で逮捕

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-03309712-saga-l41

こんなニュースがありました。佐賀ですね。。。

容疑事実が古く、そして2回。

いろいろ想像してしまいますが、憶測はやめておきます。

買取問題はいつの間にか状況が変わっていることがあります。

「いつの間にか」というのは当のホール事業者にとってのこと。

世情の変化を気にしながら適切に対応しないと。。。

巨大なリスクについて、経営層がこんなにも無関心でいられる業界もいまどき珍しいもんだと思います。

買取関与と無承認変更のリスクは今後さらに高まるものと思います。

かといって、こういったことを語る前にご理解いただきたいこと。

特に「基本的なコンプライアンスの考え方」を身につけていただかないと、細かい話をしても無駄なばかりか有害でもあります。

まずは上からですね。ハラスメント対策もそう。

俺は問題ないが社員に教えてやってくれ。

という経営者がいる会社でリスクが高い傾向があります。

現場が会社のリスクもよりも経営者のご機嫌を優先している。

そんな現場でリスク対策もなにもあったものではありませんからね。
posted by 風営法担当 at 16:56 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年11月22日

はっきりさせたいのは素人さんだから

年末になりますとイベントも活発になりますので、そろそろ広告規制関係のお問い合わせが増えてきます。

大阪では取材関連情報の告知を自粛する動きになっているようですね。

法的には、取材やイベントがNGなのではなく、それを告知するという行為によって、射幸心を著しくそそるおそれがあればNGなわけです。

でも、取材やイベントは実態として「告知のため」でしかないので、告知できないなら取材もイベントも無意味。

つまり事実上の禁止と同じです。

同じことがいつも繰り返され、お問い合わせの内容もいつも同じ。

それでよいのですが、法令を理解して自分なりの意見を持っていることはとても大事ですよ。

広告規制には「著しく」とか「おそれ」といったあいまいな表現がちりばめられていて、白黒明確に線引きすることが宿命的に難しいです。

それでも広告宣伝をやってゆくしかないのです。

「白黒はっきりしてくれ」とか言う人は素人さんだということです。

あいまいだからこそ「感覚」をみがく必要があるし、リスクの予想もするし、いろいろな人に意見を聞いてみることにも意味があるのですよね。
posted by 風営法担当 at 15:09 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場