2020年04月07日

ホールの休業状況と今後について思う

非常事態宣言にともない、首都圏ほかで4月8日から休業要請が出ると言うことで、大手ホールでは休業を宣言しているところが出て、ニュースにもなっています。

緊急事態措置が実施されるのは東京では11日の予定だそうなので、もう少し時間がかかりますが、パチンコ店が休業要請を受けることは避けられません。

世論の反応としては、大手パチンコ店休業のニュースを見て、「パチンコ屋は全部休業するんだな」と。

で、実際はどうなるんでしょう。

時間を短縮して営業継続。週末休業。というところも出ています。

それも自粛の一種ということなんですね。

8日のイベントを宣伝しているところさえありますね。

それでも、休業要請がでてしまえば、さすがに営業時間短縮では済まなくなります。

そのときは行政からも文書がでるんでしょうか。たぶん・・・?

そうなれば都内は土曜日から完全休業ということになるんでしょうね。

じゃ、その周辺の県は?
posted by 風営法担当 at 18:48 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年04月01日

こんな時期には少人数で人材育成

コロナの流行で研修計画をキャンセルする会社が増えていますが、研修は大人数で実施するものとは限らないです。

私の立場からしますと、少人数の方が「深い話」をしやすいので、一対一に近い方式での少人数研修は願ってもないことです。

極端なことを言いますと、研修なんて私が一方的にしゃべっても眠くなるのがオチですが、飲み食いしながら気楽な雰囲気で業界についていろんな雑談をする方が、よほどタメになるのです。

そういうことなので、私どもが元々やりたかった<少人数制の研修>を実施するには、今の状況はむしろ「ちょうどよい」と考えているところです。

参加者同士の距離感に配慮しつつ、数人程度の役職者向けに3時間程度の研修を1回又は数回実施するとか。

ネットを中継して行うこともあります。これはもともとやっています。

内容は、実践的なコンプライアンスでも、管理職としての能力を高めるものでも、風営法でも、ハラスメントでも、ご都合に合わせていろいろできます。

最近は、「パワハラを止められない人」向けの対応も行っています。
一対一でじっくり対話するのも、効果は研修とたいした違いはありません。

コロナ対策への配慮は大事ですが、やり方はいろいろありますかから、こんなときだからこそ能力向上のチャンスととらえてもいいんじゃないですかね。
posted by 風営法担当 at 18:46 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年03月30日

古物営業の許可を取るのか

ちょっと表立っては言いにくい話ですが、インボイス制度の導入に絡んで、出てきてしまう話です。

このブログで書けることは限られています。

言えることは、「本来どうあるべきか」をしっかり理解しておくべき。ということです。

<なんでもかんでも行政にきけばいい> みたいな傾向が地方に行くほど強まるのですが、もうそういった発想は捨てる時期に来ています。

やるべきことは、だまって粛々とやるのがよいです。

でも、不安になると、大声になってしまうんですよね。。。

最初に、自分たちの仕事が法的にどうゆうものであるかを冷静に考えていただきたい。

まずはそこからだと思うのです。
posted by 風営法担当 at 17:40 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年03月19日

一般向けには言えないこと

先日、風営法の学習用映像の収録をしまして、私と弊社のもう一人が出演しているのですが、超きれいな女性タレントさんとの共演だったこともあって、非常に緊張してしまいました。

一般公開向けの風営法の基礎知識ということですが、シナリオ制作においてかなり悩みました。

この映像をご覧になった人は、内容が偏っているな〜、と感じるかもしれません。
でも、この内容に決めるにあたっては、ずいぶん長い時間をかけて考えました。

どんな部分に悩んだか。
それは、「一般公開」してよい内容かどうか、ということ。

一般の人々に関心を持っていただきたくない点があるわけで、そこをどうするか。
面白さと必要性とデメリットを考え合わせると、どうしてもこうなってしまうのです。

もちろん、プロのライターさんのご意見がかなり影響していて、私などには思いつかなかった新鮮な発想が多々盛り込まれました。

この映像が業界の皆さんの目に触れるとしたら、私にしてみると想像しただけで恥ずかしくて仕方がないのですが、たくさんの方々のご協力で作られたものなので、やはりたくさんの人に見てもらわないと。

さて。どこで見れるのか。
おそらく、思わぬところで目にしてしまうでしょうねえ。
posted by 風営法担当 at 17:05 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年03月16日

感染対策はしっかりと

コロナ感染のリスクが気になる中、パチンコ店への批判が予想通り出てきました。
とは言え、今のところ、パチンコ店内での感染事例はあるのでしょうか。

確かに客の数は多いけれど、対策を頑張れば世間でイメージされるほどのリスクはないのかもしれません。
スナックとかクラブとか、客がお酒を飲む空間での感染事例はでていますね。

お酒を飲んだら感染対策なんて気にならない人も出てくるでしょう。
その空間にいる人の心構えの度合いでけっこう変わってくるのではないか。

ならばホールとしてはお客さんにもご協力いただいて感染予防をしっかりやっていただくことに意味があると思います。

もしホール内での感染事例が報告されたら、それは結構なダメージになるかもしれません。
そうならないように工夫していただきたいと思います。
posted by 風営法担当 at 17:12 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場