2017年02月18日

鉄道法違反で書類送検 について思う

二人の女性芸能人が鉄道法違反で書類送検されたというニュースがありました。

最近は、来日外国人による線路内への立入がテレビでよく話題になっていました。

そんな時期にネット上で証拠画像がアップされてしまうと、司法機関として無視できなくなります。

書類送検された芸能人の方々には同情します。たいした悪意はないのだし、微罪ではありますが、送検はされます。
今はそういう時代です。

違反容疑で取り調べを受けるということは、誰にとってもありうることです。

行政書士が逮捕されたというニュースも、けっこうあります。一応、私も同業者です。

入管法違反がよくありますが、最近は風営法関連のニュースもありました。

私なども注意していますが、取り締まる人は基本的に疑うのが仕事。

いつなんどき巻き込まれるか、知れたものではありません。

すでに、「そういう時代であること」を認識しておかないと。。。

特にホールの店長さん達は、そうでなければいけません。

店長がいないお店って、けっこうありますね。

「いない」というストーリーは、いざ摘発の際には「ありえません」からね。




posted by 風営担当 at 13:39 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年02月10日

「地方」が危険

今週のホール業界は摘発情報の嵐でした。
しかも、これまで静かだった「地方」で起きています。

これについては、かねてから予測しておりましたが、まるで地震予知みたいです。
なんとなくエリアがかぶってる。

今起きていることは全国的な動きでありますが、釘の不正改造(無承認変更)が最もやっかいです。
しかも、地域によって温度差が大きいようです。

昨年、東京で起きていたことは、もはや「東京だけ」ではありません。


「調整してました!」

→「じゃあパチンコ遊技機はすべて違法機ですね」

→とりあえずパチンコ遊技機全台撤去(続けて入替する勇気ありますか?)

→事実上の営業中止(処分ではなく)

→摘発進行(数か月かかる)

→数か月後に営業停止期間開始(2〜6月・最悪許可取り消し)

さて。一体、何か月休むんでしょう。
再開できれば、まだいい方かもしれません。





posted by 風営担当 at 20:36 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年02月08日

依存症対策への取り組み

依存症対策の徹底について業界団体から通知が来ていますね。

行政庁からは、立入の際に依存症対策について確認する、と言われています。

風営法的には、依存症対策を怠っていたからと言って、違反処分や指導をかけてくるわけではありませんが、これまで各方面から依存問題について様々指摘されてきましたから、ホールの現場で実際にちゃんとやっていることを世間にご理解いただかなければなりません。

よって、通知されている「周知徹底事項」については、きちんとやっておきましょう。

依存症問題対応ガイドライン等のデータは日遊協の会員専用サイトで入手できます。

解説映像もYOUTUBEで見れるようになっています。

ステッカーは会員でないホールでも購入できます。

パチンコ機の方のリスクが高まっている中で、依存症対策までは早々に手が回らないでしょうが、こういうことをきちんとやっているという姿勢も、万が一の場合に無意味ではないと思います。





posted by 風営担当 at 11:00 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年02月03日

釘リスク急上昇

ステージが変わったようです。

最終目標は「低射幸性遊技」の実現です。

一般入賞口も、それに続く撤去回収問題も、そのために避けて通れない作業だったわけです。

撤去が終わって次のステージは何か。消去法で考えれば、おのずと決まってきます。

いま、全国的に行政の立入りや摘発が活発化していますが、ステージの状況を考えればある程度読めてくると思います。

このブログでも述べてきました。そろそろ、過去から現在までを総合的に捉える時期ですと。

本人は抜け目なく立ち回っているつもり。

でも、しっかり「何か」をカウントされていたりしませんか。

「いまさら」、ではありますが、釘の周辺は非常に重大な局面を迎えつつあり、それなりの対策が必要となるでしょう。

まだ先は長いですが、気を引き締めてゆきましょう。








posted by 風営担当 at 14:58 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年01月30日

肌感覚と法令通達とのズレについて思う

「この程度の表現で処分!?・・・・」

という話。京都の営業停止の件ですね。

このブログでもたびたび伝えてきましたが、現場の肌感覚と、違反処分を出す際の基準となる通達とでは、若干のズレがあります。

ホール企業で広告規制のセミナーをしたとき、店長さんたちに、様々なチラシ画像を見てもらいながら、「OK,NG」の判断をしていただくと、そのズレが見えてきます。

平成23年に広告規制の通達がでたときは、ジャグラーのみならず、海もふくめて、特定機種の強調は避けられていたはず。

それが様々な心理的作用で、徐々に「なんとなくOK」となってゆく現象。

通達で示された事例に該当すれば、すべて違反処分はだせるわけで、言い換えると、通達にあてはまらないものについての処分は容易ではない。これも心理的作用です。

私がアドバイスする際には、その内容のほとんどが「心理的作用の説明」となります。

もちろん、基本的に法令通達を前提にしておりますが、法令通達だけでは解明できません。

逆に、法令通達を見ないで広告を作っておられるのも、いかがなものかと思います。

このあたりのことは、文字ではなかなかご理解いただきにくいかもしれません。








posted by 風営担当 at 14:08 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場