2020年12月25日

ホール業界において「注意したい時代の流れ」

しばしば「ウチの社員に正しい風営法を理解させてやってくれ」というお声をいただきますが、その前に「いくつかご検討いただいたい」というお話をさせていただいています。

なぜか。それは「時代」というキーワードであります。

今の時代は、なんでもかんでも「ルール通り」です。学校でそういう教育を受け、その感覚を社会の現場で矯正されることなく経験を重ね、人手不足の現場で役職につく若者たち。

え?「ルール通り」は当たり前だと?

いやいや、昭和は違いましたよね。いい意味で「おおらか」でした。ここまできっちりルール通りだなんて、そんな発想ではなかったですよ。民間も公官庁もです。

その意識がまだ昭和世代の脳裏に根付いていて、「常識的にやればいいじゃん」という発想でコンプライアンスを見ておられる。

ところが、その「常識」が令和の世にはちょっと、いや「かなり」違っているかもしれませんよ。
今は昔よりもよりバカバカしいほどに徹底して「きっちり」していて、それでよいと思っている人が増加中なのです。

今の世の中は全部ルール通りが常識だから、<ルールと違うこと>へのアレルギー反応が強まるのは<自然の理>というものです。

これが「時代の流れ」ということですから、それをふまえたコンプライアンス対策を取らないと、危険なことが起きますよ。

コンプライアンス

なんのためにやるんですか?
会社を危険にさらしてまで成し遂げようとするコンプライアンス。

それでよいとおっしゃるなら仕方ありませんが、まあ、それでよいという社長さんが果たしておられるのでしょうか。

でも、よく考えていないうちは、「コンプライアンスは大事だ!」と思えてしまう。
それが今の時代の常識ですからね。

コンプライアンスを「なんとなく」考えている人と、「会社の命運を握る差し迫った課題」として考えている人と。

その違いは大きいのですが、なかなかご理解いただけないものです。

すべてルール通り」という感覚の人に、「正しいルール」を教えてしまったら、その後何が起こるでしょう。

会社が「全てルール通り」であるかどうかを確認したことがあるんですか?

もし「ルール通り」でない部分があるのに、それでもあえて「正しいルール」を理解させてしまって大丈夫とお考えですか?

そういうことなので、細かいルールを理解させる前に、別の現実を理解させておく必要があると思うのです。
コンプライアンスの現実を見ていない人ほど、正しく細かいルールを学習させようとする傾向があります。

大事な会社を守るためにどうあるべきか。この点を抜きにしてコンプライアンスは語らない方がよろしいと思いますよ。

posted by 風営法担当 at 15:00 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年12月18日

撤去期限の再検討について思う

GOTOキャンペーンは期間限定ではありますが、一転して停止となりました。

新型インフルエンザの第三波の可能性は想定されていたものの、実際にどうなるかはわからなかったということで、臨機応変に対応したということでしょうか。

一方で、ホール業界の話です。

遊技機の撤去期限。これは業界が自主的に定めたルールの話ですが、ここに来て、「高射幸性以外だけでも再検討しては?」という話が出てきていますね。

今さら何だ

という声はあるでしょう。

でも、第三波の今後の影響を考えてみますと、「一転して・・・」ということがダメとも言えないような気がします。

感染リスクへの懸念もあって期限を延長したという規則改正の趣旨から見ても、まんざら無理筋でもないような。

ホール業界内部の話なので、私がとやかく言う立場ではありませんが、思ったより感染が拡大しているという状況ならば、いろいろやりようはあるのではないかなと。

さて。あわただしい年末がやってきますね。
posted by 風営法担当 at 14:00 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年12月11日

ホール内の換気力がすごい!という映像

今年は健康増進法改正による禁煙規制があり、さらには新型インフルエンザによる休業問題もあり、店内の空気環境がとりわけ注目される年でした。

果たして実際のところ、パチンコ店内での換気はどの程度行われているのか。
このあたりのところを科学的に検証しておかないと、なんとなくのイメージで危険性を疑われるのはもったいない話です。

そして、ようやくという感はありますが、あるパチンコホール企業や業界団体の方々のご尽力により、店内の換気能力がどのくらいかがわかる映像が作られていました。

https://www.meihogp.co.jp/news/3157

店内がほとんど見通しのきかないほどの煙ですが、10分でほとんど消えてしまうのですね。
もともと喫煙者が多かっただけに、これほどの換気が実現できていたわけです。

これなら飛沫感染も容易には発生しないわけで、後は手洗いやうがいをしっかりいただくことで何とかなるのではないかなと。

業界にとって大変ありがたい取り組みなので、改めて紹介しました。
posted by 風営法担当 at 14:59 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年12月07日

風営法初級セミナーがリモートで!

いよいよ年末になってきました。

新型インフルエンザの影響であわただしかった2020年もそろそろ終わりとなります。

そこで思うのですが、ホール業界では風営法の基礎的理解が全般的に薄くなってきていませんか?

最近昇格した皆さん、実は風営法のこと、ちゃんと理解する機会に恵まれなかった??

そんなお話が多くなってきましたので、風営法の初級部分に絞ったセミナーをリモートで実施するのもそろそろ弊社の使命ではないかと思っているところです。

スマホでも挑戦できる「風営法初級テスト」を試していただき、その後で、これとセットになっている「風営法初級テキスト」を用いて解説しつつ、質疑応答も含めながら、これらをひっくるめて2時間前後で充分かなと。

リモートだと2時間は長すぎるので、前後二部にわけるのがよいでしょう。

グループ企業ごと、又は業界団体ごとの実施を想定しております。

風営法初級コース」については、期間(当分の間)限定となりますが、前後2時間(おおよそですが)セットで6万円(税別)で実施しています。

参加人数は何人でも結構ですが、質疑応答などを考えると、20人以下がよろしいかなとは思います。

なお、この「風営法初級」コースは、私たちがホール経営上の総合的なリスクを慎重に検討した結果、無承認変更や買取問題に関連する部分の解説をあえて薄くしておりますので、その点ご容赦ください。あくまで「初級」ですから。

よりレベルの高いテーマでのリモート研修は別途ご相談いただくことになります。

ご興味おありでしたら、のぞみ総研風営法担当までお尋ねください。

042-701-3010
posted by 風営法担当 at 19:24 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場