2014年06月25日

他社のホールを買い取りたいときの方法は?

こたえ (プレイグラフ2013年1月号「法務相談カルテ」掲載)


他社が経営しているパチンコ店の営業を譲り受ける場合には3つの方法が考えられます。

 ひとつは、他社を法人ごと手に入れる、つまり、他社の株式を取得して経営権を確保するか、又は合併して自社に吸収してしまう方法です。この方法であれば新たに風俗営業許可を取得する必要がありません。
 他社の株式を買い取った場合には、その後の役員交代や店名変更などが想定されますが、これについては公安委員会への変更の届出や許可証書換申請をするだけで足ります。

 他社を合併する場合には、必ず合併の登記を行う前に公安委員会から<合併の承認>を受けておかなければ風俗営業許可を失ってしまうという点に注意が必要です。この場合も、合併登記が終わった後で風俗営業許可証の書き換え申請を行います。

 しかし、他社が複数店舗を経営していて、そのうちの一店舗についてのみ自社へ営業を譲渡させたいという場合では、これらの方法は採用できません。
 そういった場合には、取得対象のパチンコ店の風俗営業を一度廃業して、風俗営業許可証を公安委員会へ返納してもらい、続いて自社が風俗営業許可を取得するという方法があります。

 この方法の問題点は、営業を一時的に中断することが避けがたく、新たな許可が取得できるまでの期間は原則として営業できないということと、もうひとつは、新たな許可が取得できない可能性があるということです。
 許可が取得できない理由としては「場所の要件」の問題が重要です。風俗営業の許可を受けるためには許可審査時点で「場所の要件」を満たしていなければなりません。これは主に<用途地域の制限>と<保護対象施設の有無>にかかっています。

 たとえば営業所が住居専用地域に所在していたり、営業所から一定の距離内に学校が設置されていたような場合には、風俗営業が許可されないことになります。
 既存のパチンコ店の営業許可がすでに交付されているとは言えども、その営業の許可後に用途地域が新たに設定されたり、保護対象施設が新たに開設されるといったことは珍しくありません。

最近は保育所や教育施設の新設が風俗営業許可の障害となるケースが増えており、しかもほとんどの都道府県条例では、まだ保護対象施設が存在していない状態であっても<将来保護対象施設として使用されることが決定された土地>であれば、保護対象施設がすでに存在しているものとみなされてしまうこととなっています。

 つまり、新たに許可を取得する方法には重大なリスクがあることを覚悟しなければなりません。
 こういったリスクを避けるために法人を分割する方法もあります。
 たとえばA社が3店舗を保有しており、そのうちの一店舗を第三者に譲渡させたい場合には、A社を分割して<A社+B社>の2社の状態にし、B社に1店舗又は2店舗を経営させることが可能であり、A社の分割後にA社又はB社を売却することによって店舗の経営権を移譲する方法(新設分割)がありえます。

 また、A社が保有する複数店舗のうちの一部の店舗について、既存のB社に事業を承継させる方法(吸収分割)もあります。
 この場合も分割の登記の効力が生じる前に、公安委員会から当該分割についての承認を得ておく必要がありますが、法人を分割する方法であれば、営業を継続しながら風俗営業許可を承継させることが可能です。

 法人の合併や分割は会社法が規定する各種の要件を乗り越えて行うこととなり、手続が煩雑でもあるので、あえて法人の合併や分割を避けて風俗営業許可の再取得を目指す場合が少なくありませんが、許可の再取得においては保護対象施設などが原因で許可が取得できないリスクがあることを念頭に置かなければなりません。

<場所の要件>に関するリスクは正しく理解されていないことが多いので、この点をよくご検討いただきたいと思います。


posted by 風営担当 at 10:00 | 類似ラブホテル関係

2011年11月28日

指示処分違反で取りつぶされた大名

http://fuei.sblo.jp/article/48785158.html

以前に、「無承認変更で取りつぶされた大名」という話をアップしました。↑
江戸初期の大名、福島正則の話ですが、その後書物で目にしたところでは、無承認変更でいきなり転封されたのではないようです。

曰く、無断の修理について幕府からとがめられた際、正則がすぐに
「これは雨漏りの修理でした」
と言い訳したのだそうです。

謝罪がうまくいったためか、幕府からは「無断で変更(修理ですが)した部分を壊して元に戻せばお咎め無し」という処分が出たそうです。
いわゆる「指示処分」ですね。
例えるなら、無承認で遊技機に取付けた不正対策部品をすぐに取り外せと指示されたようなものです。

ところが福島家では、本丸の修理部分は壊したけれど、二の丸と三の丸の修理部分は壊さなかったことが発覚し、破却不十分ということで幕府の怒りを買ってしまいました。
つまり、「指示処分違反」ということです。

その他にも、息子を江戸へ人質として送る手配が遅れたり、その弁明をしなかったりと、小さなミスが積み重なっていたようで、そういった経緯の結果として50万石から4万5千石への転封処分に至ったと言うことです。

正則が死去した際には、検屍のために派遣された幕府役人が到着する前に死体を火葬してしまい、これが当時は法令違反だったため、これを理由に残った領地も没収され、その子孫は旗本の身分に転落してしまいました。

手続を軽んじたうえに、日頃から幕府の機嫌を損ねるミスが重なった結果です。
もともと豊臣系の大名は存続が難しい時代だったわけですが、そんな状況でのこういったミスは自殺行為だったというわけです。
時代が読めていなかったのかもしれません。
余談ですが、福島家の無承認変更を幕府にチクったのは、お隣の毛利家だったそうです。
今も昔も同じだなあと思うのは、私だけでしょうか。。。

posted by 風営担当 at 14:39 | 類似ラブホテル関係