2016年07月22日

P店法務チェック情報無料配信中

コンプライアンスは「法令を覚えること」だけではありませんが、営業において重要なテーマはチェックしておきたいものです。

一気にチェックするのはたいへんなので、毎週一つのテーマについて、チェックポイントを配信しています。
配信を開始してもう5年目くらいになるでしょうか。

一年間で一回りする内容なので、実は同じ内容で何度も配信されてます。
いや、一応最新の状況に合わせて内容を少しずつ修正してはいます。

現場の皆さんは忙しいので、週に一回だけ風営法について考えてみる、といったペースが限界だろうと思います。

むしろ、週に1回くらい風営法のことを気にしていただくだけでも、効果はあると思います。

「習慣」はとても重要です。良い意味でも悪い意味でも。

良いことは習慣にする。そのためには、無理はしないで少しずつ実行していただく。

そういう考え方でチェック情報を作っていますが、それでも情報が多すぎて、一つのテーマだけでもチェックは大変かもしれません。

そんなチェック情報でもよろしければ、毎週火曜日に配信しております。

下記のワードファイルをダウンロードして必要事項をご記入し、印刷して、FAXでお申し込みください。
http://nozomi-soken.jp/souko/p-check1.01.doc

お申込みいただければ無料で配信設定いたします。
ホール営業の店長様に限定させていただいております。

よろしくご検討ください。
詳しくはこちらにて ↓
http://thefirm.jp/P-check.html


posted by 風営担当 at 21:24 | 法務コンシェルジュサービス

2016年07月06日

法律が嫌いな人のためのセミナー

撤去リスト対策も乗り越え、風営法改正対策もおおよそは終わりまして、ホッと一息ついたところです。

今日は都遊協さんで夕方に講演させていただきます。

マルユウ取得の手続に関するテーマなので、地味な内容ではありますが、マル優取得は優良店であることの証明でもあります。

優良ということは<法令違反をしていない>ということですね。ならば今は・・・。

そういう話をしようと思います。

さて。

これから夏の終わりの時期にかけては、私にとってセミナーシーズンであります。

暑いのは苦手なので、その分通常業務を少なくしてスケジュールに余裕を空けておりますので、研修のご依頼を受けやすくしております。

伝えたいことはたくさんあります。
全国どこでも参りますので、よろしくご検討願います。

風営法が面白くなる内容でやっております。
面白く、楽しければ、法律は理解しやすくなりますから。

コンプライアンスセミナーも行っています。
ホール向けでも、ホール業界以外の企業でも実施しています。

もちろん、普通のセミナーではありません。
参加者の皆さんが予想していない内容になりますが、現実問題の本質を考えていただきます。

法律が嫌いな人のためのセミナーです。



posted by 風営担当 at 09:25 | 法務コンシェルジュサービス

2014年11月27日

「風営法初級講座 まずはルールから」 動画にしてしまいました

あまりに恥ずかしいのでしばらく放置していたのですが、10月頃から「パーラーTV」という映像サイトで風営法の講座の映像を公開しております。

パーラーTV  http://parlor-tv.jp/

せっかく作った以上はPRせねばと思いまして、とても恥ずかしながらお知らせします。
ただ、この映像は有料でして、しかも映像データも私の元にはなく、一発取りで私が確認することもなくそのまま公開されております。

私は研修の際はチョロチョロと動き回るのが好きでして、今回の映像のように、画面の片隅で動きがとれない状況はあまり私らしくないので、その点はとくに辛かったです。

私のしゃべり具合のよしあしについてはまったく自信がないのですが、撮影スタッフの皆さんのご様子からすると、まんざら悪くもないそうなので、映像公開となりました。

ちょうど新人研修向けのコンテンツをつくり、テキストも作り、パワポデータも仕上がりましたので、これはちょうど良い機会だと思いまして、このような運びとなりました。

今の時期はどこのホール企業様でも、人手不足で研修どころではない、という状況だろうと思いますし、自社で企画するのも一苦労ということもあろうかと思いまして、なるべくスタンダードとなりうるように作ってみました。

この映像を控え室で流しっぱなしにしていただいてもよいでしょうし、これをご参考にしてオリジナルの研修を企画していただくのもありがたいと思います。

できれば、内容を改善すべき点を教えていただいたら大変うれしくも思います。

いかにして、楽に、楽しく法令を理解していただくか、が私どもの興味のマトです。
皆さんからのご意見、ご要望がとても重要です。

まずは新人向けの初級講座からではありますが、どうぞよろしくお試しいただきたいと思いますし、もしご購入いただいたホール様がいらしたら、弊社の初級テキストでも法令資料集でも、データで差し上げたいと思いますのでお申し出いただきたいと思います。


posted by 風営担当 at 20:46 | 法務コンシェルジュサービス

2014年07月04日

新人ホール従業員用風営法初級テキストが完成!

最近は、風営法を理解していただくためのコンテンツ作りに精を出しております。
とくにここ数日は、新人ホール従業員用の研修プランを練っておりまして、そのためのテキストを制作していました。

法律に対して興味も免疫もまったく無いという方々にとって、どのようなテキストがほどよいものか、あれこれ悩んでいました。
新人さんならば店舗の現場に関する部分だけでよいでしょう。

新人さんに、あまり深いことを理解されても困る部分があります。
あくまで無難な内容を目指しました。
より深く知りたい方向けには、中級以上のコンテンツを用意しております。

しかし、法制度上の風俗営業者がどういった存在であるかということは最低限ご理解いただきたい。
たとえば、「風俗営業って、いわゆるフーゾクのことでしょ。」という誤解は避けたいですが、そういう誤解が少なくないことは弊社の風営法テストの結果で判明しております。

公安委員会から正々堂々許可をもらってやっている。しかも、国民の期待を背負って健全営業を目指してやっていると、そういうふうに理解してもらいたいのです。

しかも、なるべく単元を小さくして、情報を極力少なめに、難しい言葉を使わず、そこそこ大きな字で、なるべく図を挿入して、確認用の小テストも入れて・・・・

と考えて作ってみましたが、なかなか難しいものです。

とはいえ、どうにかA4版で20ページにまとまりましたので、これを当分の間、使ってみようと思います。

ホールさんを訪問したときに、店長さんをまじえた従業員さんとのミニセミナーをすることがあります。

時間が少ないですから、最初に小テストにチャンレンジしていただき、わからないところは本文を見ていただき、それでもわからない点は店長さんか私たちが補足説明する、といった具合です。

新人研修は1時間くらいが限界でしょうから、短い時間内で使えるようなものに仕上げたつもりです。

風営法をイマイチ理解できていないという店長さんでも、テキストを棒読みするだけで新人研修をやれてしまうようなイメージで作りました。棒読みしながら理解していただければ一石二鳥というものです。

今後も少しずつ改訂することになりますが、とりあえず良い気分で週末に望めそうです。

今回も「WORD」ファイルでつくりましたが、最後にスペルチェックをしたところ、どうしても引っかかってしまうのが法令条文でした。

ですが、こればかりは読みにくい文章でもいじることができません。








posted by 風営担当 at 17:06 | 法務コンシェルジュサービス

2014年05月09日

とてもうれしいとき

弊社のぞみ総研は、元々は行政手続を扱っている合同事務所が母体ではありますが、今では相談や研修、調査、お仕事のマッチングなども行っています。

おせっかい焼きのお人良しばかりが集まってしまったので、その方が私たちの個性を生かしやすいと考えて、ここ数年力をそそいでおります。


このブログで書き込みをしているのは主に風営法の担当である私、日野でございます。<(_ _)>

風営法、しかも、もっぱらパチンコホール業界様メインでの法務相談ですので、

「とてもニッチな商売ですね」

とよく言われます。

そうです。あまりにニッチなので、ホール業界の皆様のお役にしか立ちようがありません。

ですので、私などを相手にしてくださる皆様にいつも感謝しています(本当です)。


そして、とりわけありがたいと思うのは、初歩的なことや法律に関係なさそうなことなどをご相談いただいたり、同じことを何度もご相談いただいているときです。

たとえば、「風除室に怪我をした鳩がいますがどうしましょう。」というご相談がありました。

これは意外に難しいご相談でして、弊社の数名で意見を出し合って対応しましたが、なかなかまとまらず、どうすればよかったのか未だに疑問がつきません。

そして、同じような質問が幾たびか重なったときに「何度もすみませんねえ」とお気遣いの言葉をいただきます(そのお気持ちは大変ありがたいです)が、それこそ私どもにとって重要な場面でして、わかりにくいことほどしっかりご理解いただくことが重要ですから、納得のゆくまでお気兼ねなく、お客様の都合で何度も問い合わせていただきたいです。

何度もご質問されるのには、私たちの説明方法の問題もあるでしょう。
「むずかしいことをわかりやすく」をモットーとする私としては、しつこく何度でも丁寧に、説明しなければと思います。(ですので、私の話しぶりはよく「しつこい」と言われたりします。それは覚悟のうえです。)

いつも法律を苦手とする人たちの味方でいたいですし、私自身も法律が好きではありません(歴史が大好きです)。そして、現実の判断は法律知識だけでなく「人の心」を加味しなければなりません。

いかにして、面白く、前向きに、そして柔軟な目線で法律を見ていただくか、をいつも考えていますが、そのために私たちがどうあればよいのか、よく悩みます。


先日ある方から、「のぞみさんに電話したときに対応する事務員さんの雰囲気が良い。」というお話をうかがいました。(私のことではなくて・・・)

たしかに、私のミスをいつも助けてくれている弊社の女性事務員さんたちは、声のトーンとか、話し方などにやわらかさと温かみがあって、とてもいいなあと改めて気がついたので、そのようなご意見をいただけてとてもうれしかったです。

結局は、お客様が安心してお電話くださるような雰囲気が大切だということを、事務員さんたちに教えてもらったわけです。
電話の対応が変な空気だったら、せっかく疑問がわいても弊社にご相談いただけないでしょう。

気軽にご相談いただけないと、リスクの発見がおろそかになったり、法の理解が遅れてしまったりして、結局私たちがお役に立てないことになります。


そういうことですので、今後も、なんとなく思いついたことでも、何度でも、お気軽にお問い合わせいただきたいと思います。私どもも、安心してお問い合わせいただけるようがんばります。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>




posted by 風営担当 at 10:00 | 法務コンシェルジュサービス