2012年05月28日

論理と心理

今年になってセミナーの講演回数が増えました。

その多くはホール業界向けです。

私のセミナーは、考えてもらうセミナーです。

私は冒頭でよく質問します。

「法律を守らない人は悪人ですか?」

多くの人は、「もちろん悪人だ。」と応えます。

「では、あなたは全ての法律を守っていますか?」

とたずねると、ほとんどの人が

「自信がない。」

という反応です。

世の中のほとんどの人は「善人」のはずですが、

法令を守っていると言う自信はないのです。

つまりこれは「論理」的にオカシイということです。

それでもこのような矛盾が生じるのは、人々が往々にして

「心理」で考えているからです。

論理としてはオカシイけれど、人は心理で考えてしまうものだ。

そういう視点を持って法令を活用するしかないのが、人間社会の現実です。

そういう視点で風営法を眺めていただくのが、私のセミナーの特徴です。

暗記でなく、論理と心理を組み合わせて分析できる人だけが、法令の知識を生かすことができます。

明日からまた出張させていただきます。

posted by 風営法担当 at 19:33 | 法務コンシェルジュサービス