2017年07月10日

風営法初級テキストでの研修(のぞみ総研)

いきなり余談で恐縮ですが、風営法規則改正については、そろそろパブコメがでるでしょう。
さて、本題です。

弊社では、以下のサイトで「風営法初級テスト」を公開しております。
ブラウザや端末の状況によっては使用できないときがありますので申し訳ないです。

風営法初級テスト
http://nozomi-soken.jp/test.html

アクセス制限がありますが、毎週火曜日に配信される無料メルマガ「P店法務チェック」の末尾でIDとパスワードを掲載しております。

この「風営法初級テスト」に合わせて、「風営法初級テキスト」も用意しております。
ぜひとも、両面印刷の左綴じでお願いします。<(_ _)>

最近は、この「風営法初級テキスト」を用いた研修をよく行っています。
店長クラスの方にとっては、「初級」という言葉に抵抗感があるやもしれませんが、タイトルが「初級」であっても私が伝える内容は「初級」にはなりません。

対象者の職階と時間配分に合わせて工夫しています。
新人スタッフが相手なら2時間でも充分ですが、店長さんが相手なら4時間は必要です。

店長さん向けの内容なら、「初級」を素材にして「法令の見方・考え方・使い方」を伝えます。

その様子をご覧いただいてから、その後の研修計画をイメージしていただきます。
つまり、「本来我々が身につけておくべき理解」がどれほどの深さのものかをご理解いただく必要があるのです。

今の日本社会のコンプライアンスは、我々の意図を離れて、とても複雑怪奇な状況に陥っています。
その現実の中で各自が責任とリスクを負って業務を遂行してゆくためには、様々な見識や配慮が必要であって、暗記で済むような気軽な話ではないのです。

ホール業界に限ったことではないですが、日本社会を取り巻く深刻な現実を肌身に感じておられない人とは、研修計画の話をしても、どうにもしっくり来ないものです。

そのあたりの問題を背景にした風営法初級研修ですから、「初級」といえども、それなりの深さがあります。
ホール業界はいま大変なことになっていて、未来がわかりにくい状況ですが、「法やコンプライアンスの考え方」は、いつ、どの業界においても、身につけておくべき普遍的な課題です。

ご依頼があれば、全国どこでも喜んでお邪魔いたします。






posted by 風営担当 at 11:40 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年07月03日

レストランの客引きでも風営法違反

六本木のケバブ屋さんが客引きをしたとして風営法違反で逮捕されたというニュースがありました。
レストランが風営法違反というのは意外でしょうね。

普通の飲食店のほかいろいろなサービス業が風営法の規制を受けているというネタを、もうずいぶん昔に以下のサイトに掲載しました。

月刊総務オンライン
http://www.g-soumu.com/column/ct05/cat355/cat356/

今や風営法は、風俗営業と縁が薄そうな業種にも広く影響しているのですが、適用を受ける機会が少ないので、あまり知られていません。

今回のように、通行人からの苦情が重なったりすれば、飲食店でも風営法が活用されることがありうるということです。
とは言っても、すべての飲食店が規制の対象になるわけではありません。

なお、この話は風営法についてのことですから、条例による客引き行為の規制は別の話ですからよろしく。

さて、風営法では深夜に営業している飲食店営業について、風俗営業者に準じる規制を課している部分があります。

一応条文を載せますと、以下のとおり。


第三十二条  深夜において飲食店営業を営む者は、営業所の構造及び設備を、国家公安委員会規則で定める技術上の基準に適合するように維持しなければならない。

2  第十四条及び第十五条の規定は、深夜において飲食店営業を営む者について準用する。この場合において、これらの規定中「その営業」とあるのは、「その深夜における営業」と読み替えるものとする。

3  第二十二条第一項(第三号を除く。)の規定は、飲食店営業を営む者について準用する。この場合において、同項第一号及び第二号中「当該営業」とあるのは「当該営業(深夜における営業に限る。)」と、同項第四号中「業務」とあるのは「業務(少年の健全な育成に及ぼす影響が少ないものとして国家公安委員会規則で定める営業に係るものを除く。)」と、同項第五号中「十八歳未満」とあるのは「午後十時から翌日の午前六時までの時間において十八歳未満」と、「を営業所」とあるのは「を営業所(少年の健全な育成に及ぼす影響が少ないものとして国家公安委員会規則で定める営業に係るものを除く。)」と、「第二条第一項第五号の営業に係る営業所にあつては、午後十時から翌日の午前六時までの時間において客として立ち入らせること」とあるのは「保護者が同伴する十八歳未満の者を客として立ち入らせる場合を除く」と読み替えるものとする。

抜粋おわり


上記の風営法条文は第32条です。
その第3項では、深夜営業飲食店は風営法22条1項(3号のぞく)の適用を受けるという意味のことが書いてあります。

22条1項には客引き禁止が明記されています。

つまり、ニュースのケバブ屋さんは夜0時を過ぎた時間帯に摘発されたのではないかなと思います。
ニュース記事では逮捕時間の記載がないのですが、これ以外に風営法を適用できる場合がないのです。

言い換えれば、客引き行為が昼間に行われていたら、風営法は適用できなかったと。
条例違反なら、より軽い処分になったでしょう。

さて、これはあくまで私の推測にすぎませんからね。



posted by 風営担当 at 10:20 | 飲食店業界

2017年06月26日

激変時のリスク計算を

大方の皆様はすでにご承知でしょうけれど、風営法関連法令の改正が予定されているらしいような気がします。

詳しいことには触れませんが、遊技機の射幸性が大幅に低減される覚悟が必要です。

大衆娯楽としての、つまり、風営法の枠内で存続できる、あるべき姿の射幸性で営業するということです。

「賭博と一線を画する営業」であるために必要な要素を念頭に置かれてのことです。

そのことは、何年も前から、行政講話でも通達でも、何度も何度も予言されてきたことです。

遊技性能とその変更の問題。

賞品流通の問題。

二つ同時に重要課題になっていますが、今は激変期。

「今までは大丈夫だったけど」は捨てましょう。

業界も行政も、どんな変化が起こるかわからないシーズンです。

これほどの激変ですから、そこのところのリスクを重く見積もるべき時期に来ています。





posted by 風営担当 at 11:07 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年06月19日

法令研修での「やる気ない派」対策

おかげさまで、最近は遠隔地での研修のご依頼が多くなりました。
とてもありがたいことです。

貴重な時間を割いて研修にあてるのですから、なるべく効果的な内容にしたいと思います。
では、研修を行うにあたっての私の基本的な考え方について。


理想は「法令を理解し使いこなせるようになる」ことです。

しかし、法やコンプライアンスの基本を理解していない人が、風営法だけを見ていても、本当の理解には至りません。

ましてや、法律が嫌い、自分で考えるなんて大嫌い。という人には、まあ無理な話です。


それでも、仕事人として責任がある以上は理解しなければなりません。
そこで重要になるのは、時間配分です。

将来どれほどの時間を研修に割けるのか。
時間を割くことができないとわかっているなら、中途半端な理解になるにせよ、今もっとも重要な部分のみを取り上げることになります。

将来の研修時間に期待できるなら、その分、基本的なテーマを先に取り入れることができます。

もちろん理想を言わせていただければ、コンプライアンス→民法刑法→風営法、という段階を踏んでいただきたいです。

グループ討議にも時間をかけて、法令を面白いと感じつつ、自分で考える訓練をしていただきます。

それがうまくゆけば、あとは各人で勝手に法令理解を進めてくれるようになるでしょう。


ところが。

学んだことしか覚えない。

学んでないことについては考える意思も興味もない。

資料を渡しても自分の意志では読まない。

そういう感覚の人に、いくら細かい解説をしても、ほとんど意味がないし、ときには有害でもあります。


私は研修参加者に対して二つの分類をしています。

みずから情報をえたいと思っている人(やる気ある派)と、そうでない人。
「法」に対する堅ぐるしいイメージせいでしょう、一般的に「やる気ある派」は少数派ですが、その分布程度は企業によって個性があります。

「やる気ある派」かどうかの見分け方は簡単です。
本質にせまった質問があるかどうか。です。

さて、私は「やる気ある派」と「やる気ない派」のどちらのための研修をすればよいのか。

これは悩みます。そこで、とりあえずは、「やる気ない派」の人達の中にもやる気を出してくれる人が増えるように、いろんな話をします。

それはもっぱら、法令に対する見方の話です。
人生において法令理解がいかに重要で価値のあることであるか。

そういった話をまじえながら「やる気ある派」を増やす働きかけをしつつ、解説をすすめます。
時間に余裕があるなら、法令を身近に感じてもらえるような研修に時間をかけて、「やる気ある派」を増やしたいと思います。

が。それはとてもぜいたくなこと。
風営法について型通り語るだけでは、「やる気」まではとても無理。

ある程度工夫して、それでもやる気がでない人に対しては、私としては、あきらめることになります。
やる気のない人に合わせすぎてしまうと、貴重な存在である「やる気ある派」のやる気を削ぐことにもなります。

どんなことだって、自分から学ぼうとしなければ身につきません。
ですので、細かい解説よりも、「見方」「考え方」を伝え、あとは本人に任せます。

「やる気ない派」の傾向としては、理由よりも「答えだけ」を知りたいと願うし、答えがあいまいだとイライラします。それは私からすると「不適切な思い込み」ではありますが、それを解消するには時間と手間がかかります。

やる気さえあれば、やることは単純です。
ただ、疑問を持ち、調べ、考えてみる。

法令なんて、誰でも調べれば確認できるのです。
しかし、体質として法的思考に向いていない人は、現状では少なくない。

基本はそういうことですが、ご要望があるなら伺います。
しかし、やる気がない人全員に短時間でしっかり理解させろ、と言われたら、よほど簡単で当たり前のことしか伝えられません。

そのあたりのことをあらかじめ考えてから、研修を企画していただきたいと思っています。


posted by 風営担当 at 11:50 | のぞみ合同事務所について

2017年06月11日

行政書士という肩書について思う

一応、行政書士ではある私ですが、この資格にはいろんな「イメージ」がありまして、セミナーの際などに、行政書士として紹介されたりするのは、内心、あまりよい気分ではありません。

でも、ご紹介の際には、その肩書を語るべきと思われるのは当然なので、その辺りは状況に合わせておる次第です。

この資格の最大の問題点は、法務としての専門性に疑問があることです。

通常、資格である以上は、その肩書に匹敵する能力の存在があると言えるほどの仕組みが備わっていなければなりません。

しかし現実には、専門性を確認するほどの試験でもないし、それができる制度でもありません。

他の法律系資格の専門分野に含まれていない、言わば「残り物」の部分を専門とするという、矛盾する論理で成り立っています。

もちろん、それなりの専門性を有する行政書士は実在していますが、そうでない行政書士がかなりたくさんいる。

あまり言いたくないけれど、私などは、とうの昔に行政書士という肩書への自信を失ったような気がします。

別に、肩書で信頼を得ているわけではないのですから、肩書など気にしなければよいのですが、行政書士と言う業界を見ていると、フト悲しくなるときがあります。

国民にそれを禁止して、その代わりに資格者の業務独占を認めてもらっているわけですが、業務独占資格としての存在意義がどれほどあるのか。

そのことを国民に納得してもらおうとする工夫や努力をしているか。そもそもそういった考えがあるか。

昔よりはまともになったのかもしれませんが、相変わらずの部分がほとんどです。

「手続きならやります」という人が、WEB広告で値段競争をしているけれど、そんな根性があるなら、もっとほかにやるべきことがあるだろうにと思います。

「手続きをしない人のためにはどうやって役にたてるの?」
という疑問をなぜもたないのか。

その疑問があったので、私はコンサルと講師の道を選びました。
私は風営法を専門としているのですから、それが当然だと思いました。

でも、法の専門家としての道を選ぶ行政書士は極めて少ないのです。

行政書士でなくとも、書類に記入するだけの仕事をしている法務系専門職はたくさんいます。

そういう仕事に未来があるとは思えないのですけれど。

余談ですが、ホール業界を眺めていると、とても似ているなあと思うことがあります。


posted by 風営担当 at 15:16 | コンプライアンス総合

2017年06月05日

パチンコ店内のATMについて思う

ホール内にATMを設置するとき、私の経験では「変更届」を設置後に提出すればよいものと、おおむね考えております。

客室の範囲に影響を及ぼす場合には、変更承認申請が必要となることがありえますが、それは実際にはあまり無いかなと。

ATMは遊技に無関係なので客室面積から控除しましょう。
それはそれで筋が通っていますが、そこまで細かく考えるべきかどうか。

まあそれはともかく、ATMのことで最近思うのです。

今ホール内に置かれているATMは、金融機関の口座から自分のお金を引きだすことしかできないものです。

便利なので、私も自分のお金の引き出しのためにホールさんを利用させていただくことがあります。

ところが、引き出し制限というものもあるのですね。<自分のお金>なのに?

「なにもそこまで制限しなくても。」という気もしますが、そこは世間の目が厳しい時代なので、自主規制としては理解できます。

特に今、依存症対策が重大な問題になっているときでもありますし。ところが。。。

パチンコ店のすぐ隣にコンビニエンスストアがあって、そこのATMでは無制限で引き出しできるし、それどころか、お金を借りることさえできる。

特に最近、そういう「状況」を多く見かけるようになったのは、気のせいでしょうか。
とても偶然とは思えません。

ATMの自主規制がこんなに厳しい一方で、となりのコンビニはどうなのさ。
「正直者がバカを見る」の典型ですね。

それでも店内ATMの設置に難色を示す人が「まだ」いるとも聞きます。

よくある風景ですが、「わかりやすいところ」だけをしつこく叩く人たちがいますし、そういう「風潮」に乗っていれば安心できるタイプの人々もいます。

もっとほかに問題点があるだろうに、と私は思うのですが、こういった風景がある種の「いじめ」に重なって見えるときもあります。

過度に自主規制に頼りすぎているからこそ起きることであって、業界の体質や風土がどうのこうのと言ったところで意味がありませんが、もっと注目されてしかるべき問題だと思います。

こういうことでいいんでしょうか? と思った次第です。






posted by 風営担当 at 12:37 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年05月29日

カウンター付近の冷蔵庫について思う

春先から、カウンター付近の冷蔵庫が見通しを妨げる、といった指導を受けたホールさんの話が増えています。

賞品提供カウンターの脇に、賞品としてのジュースなどを冷蔵している冷蔵庫は、多くは高さが150pを超えています。
さて、これは違反なのかどうか。

私が行政職員だったら、ほとんど気にしないのですが、もしあの通達を見ていたら、気になってしまうかもしれません。
構造設備に関する平成23年6月15日の警察庁通達です。

原則として、高さが100pを超える設備は見通しを妨げる恐れがあるとされます。
賞品棚でも150pを超えると妨げる恐れあり。

でもですね、見通し問題は「客室の内部」のことです。
賞品カウンターはたいてい客室線のギリギリにあるので、客室内部の目線を「妨げる」と言えるかどうか。

客室線がどこにあるか。おそらく店長さんも、そして図面を持っていなければ行政職員の方も、客室線がどこにあるかわかりいくいです。

とは言え、パチンコ店での見通しの確保はあまり意味がない。
そもそも島が目線をさえぎっているのですから。

そこは目をつぶるしかないので、通達でもそうなっていますが、その時点で見通しの確保には限界があります。
キャバクラ営業なら、いろんな事情があって気にする必要性があるのですが、遊技場ではちょっと。。。

それでも、指示処分にはなかなかならないとは思いますが、注意や指導まではよくあります。
それをもってホールスタッフさん達は私どもに「なにが悪いの?」とご質問されるのですが、こういう現象を適度にご理解いただくためには、「行政職員が何を見てどう考えているか」を想像できるようになっていただきたい。

ホールの皆さんは現場周辺の風景を見て判断していますが、行政は通達で例示された違反事例を見て判断します。
その判断基準のズレが生じているときにトラブルが起きやすくなります。

ですので、法令や通達で確認してくださいとお願いしていますが、法令通達なんて「見るのもイヤ」なんですね。

私としては、そうなんだな、と思うしかありません。

キャバクラで見通しが問題視される理由については、研修のときにお話しするネタです。




posted by 風営担当 at 12:02 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年05月18日

メンテナンスのことで

今でもたまに聞くんです。

「釘はメンテナンスならいじってもOKじゃないのですか?」という話。

はい。釘をいじることはできます。ただし、<遊技性能に影響を与える可能性がある変更>を加えるわけですから、事前に公安委員会の承認を得る必要があります。現状では。

それはあんまりだ。という気持ちはわかるのですが、遊技機の射幸性を一定範囲にとどめるための法制度があり、認定や承認の制度があるのですから、承認なしに釘を調整できるはずがないですよ。現状では。

ですので、釘調整を承認なく行えば「無承認変更」です。
とてつもなくリスクが高いです。現状では。

では、出玉性能を監視できるモニターが装備されて、出玉性能を常時、法令で認められた基準値内にとどめることがシステム的に可能となればどうでしょう。

そもそも射幸性を一定限度内に収めるための制度なのですから、結果的に射幸性が一定限度にとどめられる仕組みが成立するなら、釘の調整についていちいち承認を受けさせることは無駄な手間となります。

つまり、一定の範囲内での無承認調整を認めるような法制度が生まれたとしても、それはそれで結構なことではないか。

ただし、遊技性能が常時完全に透明化されていて、違法状態になればただちに稼働が停止されるような仕組みがあれば、という話です。

そういう遊技機のことを「管理遊技機」と呼ぶのかどうか、私にはよくわかりません。
ふと、なんとなく思いついただけのことです。。。








posted by 風営担当 at 11:24 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2017年05月17日

禁煙規制の除外は30u以下という区切りについて思う

受動喫煙対策法案ですが、厚労省案では、小規模なバーやスナックなど例外的に喫煙を認める延べ床面積を「30平方メートル以下」とするとなっていました。

今、これについて政府内で、もめているそうです。
つまり、これでは厳しすぎて小規模飲食店が商売にならないと。

小さすぎて分煙は無理。喫煙所設置も無理だから、事実上禁煙になるので不公平だ。

ここで言われている「30u」ですが、店舗全体の床面積だとすると、私が扱ってきた店舗の中でも特に小さい店舗に限られます。

それこそ、カウンターに4、5人座って、ボックス一つ埋まって満席、といった感じです。

風俗営業の許可を取るような店では、ほぼ9割以上、営業所床面積が40uを超えていますから、社交飲食店の許可営業者はこのままでは禁煙施設になってしまいます。

客室床面積だと、30u以下の店舗は結構ありますけれどね、営業所床面積では厳しいです。

ちょっと嫌な予感。

図面を作った後で、
「あともうちょっと小さい寸法にしてくれれば規制を受けないで済んだのに。。。」

なんてことをお客さんから言われる日が来るんでしょうか。
遊技場の場合でも、営業所床面積が一定数を超えると事業所税がかかってきたりして、ちょっと気になるときがあります。

そもそも、この違反を取り締まるのは誰なのでしょう。
法の実効性にも懸念があります。







posted by 風営担当 at 19:22 | 飲食店業界

2017年05月12日

一斉立ち入りに遭遇

先日、川崎駅付近で辛いラーメンを食べようとうろついておりますと、警察と消防が風俗店に一斉立ち入りしているのに出くわしました。

夜6時頃。繁華街は微妙な緊張感に包まれておりました。

主にピンク系の店舗が対象となっていたようですが、風営法に無関係の客引きも条例違反で摘発されていたようです。

私服の警察職員に客引きしてしまった事案もあったようで、これだけで罰金と一発営業停止となりえます。

消防法の違反も多かったようです。こちらは避難経路の妨害などでしょう。

その後の報道では名簿の備え付け義務違反や年少者使用もあったらしいです。

55店舗に立ち入り検査を行い、風営法や消防法などで88件の違反を確認したとのこと。

パチンコ業界では「罰金」が他人事のようですが、同じ風俗営業でしばしば刑事罰が科されています。

ま、そろそろ罰金が他人事ではない時期が来るかもしれませんけれどね。いや、すでに来ています。

店長さんには、行政処分と刑事処分の違いくらいは、わかっておいていただきたいです。


posted by 風営担当 at 16:57 | 風営法一般