2018年04月06日

まじめな人がホール経営をあやうくする現象

土俵で倒れた市長を助けようとした女性に、土俵から下りるよう行司がアナウンスしたという話題。

コンプライアンス問題として、とても興味深いです。

角界のルールでは「女人禁制」。

世間の常識では「男女平等」+「人命尊重」

研修で議論してもらうと、身近なテーマで意見が対立することがあります。

他人も自分と同じ感覚だと思い込んでいるのが日常。
しかし、その思い込みが通用しないときにコンプライアンス問題が起きます。

行司さんにとっては「女人禁制」という業務上の絶対ルールがあります。

ここでいう「絶対」は、今回のように<土俵上で市長がクモ膜下出血で倒れる>という異常事態には通用しませんでしたが、行司さんにとってそれは「結果」に過ぎません。

周囲の観客か関係者か知りませんが、「女が土俵にあがっていいのか」といった複数からのヤジを聴いたら、行司さんがその影響を受けてしまうのは当然。

まじめな行司さんほど、自分がよく知っているルールにこだわるのも自然なこと。

さて、こういったことはホールの現場でもありえますね。


守らねばならない「日常のルール」

周囲から寄せられる「業界内の常識」。

そして異常事態の発生と一瞬の判断。→ 摘発 → 営業停止


事前に思考訓練をしていないと、緊急時の適切な判断は期待しがたいものです。

風営法をルールとして覚えさせる。・・・・で?

それだけでいいのですか? 


風営法を守って摘発? 

そんなことが・・・・。ありえないと思っていらっしゃる?

ありえますよ。Aさんは風営法を守った。で、ほかの部署のBさんは守っていない。

Aさんは自分がルールを守ることしか考えていないのですが、会社としては法令違反のまま。そしてAさんの「善行」のおかげで問題が発覚する。

こういう光景はどこの会社にもあります。

中途半端な理解は危険ですが、ご本人は中途半端とは思っていません。誰でもそうです。

しかし、突然にトラブルが発生したときに、その「知識」がかえってリスクを増大させてしまいます。

研修しなければよかったね。。。。

ルールを覚えさせるだけで、<基本方針の明確化>や<使い方の思考訓練>をおろそかにするのなら、やらない方がよかった。つまり、もったいない研修になります。


法的リスクは企業としてコントロールするべきですが、できていますか?

そして、そういうもったいない研修や体制は、<大きい組織>において顕著です。

それがホール経営に致命的な打撃を与えることになりかねないと言うことを、ホール経営に関わる多くの方々がイマイチご理解されていないか、又は「あえてフタをしている」。

・全てのルールを守ろうとしている「まじめな」業界人の方々。

・一方で、ルールを理解しないまま危険な綱渡りをしている方々。

ホール経営上は、どちらも問題ありです。そして、こういう人たちが混在しいているのが組織というもの。

「え?ルールを守って何が悪いんだ!」と思われましたか。

では、例の行司さんは「女人禁制」のルールを守って、その結果どうなりました?

だから私は、ルールよりも大事なことを業界の皆さんに伝えたいのです。
posted by 風営法担当 at 11:40 | Comment(0) | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年04月05日

憲法だけじゃなくスナックも護る・・・!? という記事について思う

憲法だけじゃなくスナックも護る党になる!?
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-664023/

こういうネットのニュース記事を拝見しまして、日々風営法を眺めている私として思うところを述べようかなと。

で、率直に申しますと、客観性にチト欠けるかなと。

「警察が接待の基準をどんどん厳しくして」とありますが、基準は変わっていなくて、無許可営業に対してこれまでより広範囲に取り締まっていると言うことでしょう。

そうでないと、許可を取っている事業者はどう納得すればよいのか。

警察がスナックを取り締まることについて、
「スナックは街のオアシスで、おしぼりを手渡しただけで風営法違反で逮捕といった警察の権益のための検挙は、言ってみれば庶民イジメ。私個人の問題意識として取り組んでいました。こうしたスナック摘発は憲法違反だと、訴え続けていきたいと思っています」
という議員さんのお話がそのとおりだとすると。

おしぼりを渡しただけで逮捕になるケースは聞いたことが無いので、仮にそういう事例があったとしてもきわめて異例だと思いますし、そういう場合は不起訴でしょうね。

例外的事例をあげて「庶民イジメ」の論拠にするのはいかがなものかと。

私は許可を取る手続の代理も仕事で受けておりますが、手間暇をかけて許可を取り、管理者講習や面倒な管理者業務をやっているたくさんの事業者さんがいるなかで、深夜に接待をしながら無許可営業しているスナックの摘発がおかしいと言われても、「そうかあ?」と思います。

風営法の制度の問題点とか、許可を取るのに手間がかかりすぎるとか、そういった論点ならばまだしもですが。

最近はスナックとガールズバーの線引きも難しいし、駅前はダメだけど郊外ならOKみたいな不公平も問題ありだし、法を運用する警察としては、小さなスナックだから黙認する、というわけにもゆかないでしょう。

むしろ、風営法をないがしろにしている事業者をまんべんなく摘発しないといけないと思います。

例えば、風俗営業者でありながら、店舗型性風俗の実態を持つ店がたくさんありますけれど、店舗型業者にとっては我慢ならない話でしょう。

風営法の制度上の秩序を崩壊させてしまうことは、行政としてはなんとしても避けるべきだと思いますから。

確かに、無防備なスナックばかりを、「やりやすいから」という理由で点数稼ぎで摘発するのはいかがなものかと思います。

たちの悪い店が長々と営業しているケースがいくらでもあるでしょ。と思います。

そういったご指摘ならば、私もうなづけるんですけどね。。。
posted by 風営法担当 at 11:32 | 風営法一般

2018年03月30日

第三者だから合法 というよくある誤解

マージャンで賞金提供容疑、大会開いた店長逮捕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26669360Y8A200C1CN0000/

しばらく前の日経新聞の記事です。

マージャン店が遊技の結果に応じて客に賞品を提供することは風営法に違反し、刑事罰対象でもありますから逮捕もあります。

「みんなやっている」

でもそれは「素人さん」の発想で、それだけで判断するのは「甘すぎ」です。

世の中は常に変化しているのだし、皆がやっているから自分も大丈夫だなんて、プロ意識の無い事業者が捕まった後でよく言うセリフです。

さて、こういう「大会」というものを、麻雀店経営者ではなく、第三者が主催していた場合はどうなのか。

よく言われるのが「第三者だから大丈夫」という話。

パチンコ業界でもよく言いますね。

ポイント景品は外部の業者に任せなければ違法だどか、広告屋がSNSで発信する宣伝は違法ではないとか。

ネットで見られる風営法の解説には間違いもたくさんあって、その間違いポイントは私の研修材料として非常に重要なので、よくチェックさせていただいています。

で。

第三者がやっているから大丈夫。

な、はずがないです。

実態として違法ならば違法ですよ。

あとはバレるかどうか、やられるかどうかの話でしかないのに、自分が合法であると信じて安心したいばかりに、話を強引にすりかえようとする心理がよく見られます。

自分をごまかしても、現実は変わりませんからね。

麻雀大会と称する企画が実態として無許可麻雀営業であれば、それを承知で店の設備を貸している麻雀店経営者は、無許可営業のほう助者、つまり犯罪者となります。

A量定ですよ。

パチンコ店の場合もそう。

第三者が「勝手にやっている」のか、「なんらかの連絡をもとにやっているのか」

そのあたりのことをすっかり忘れてしまって、いつの間にか「誰も処分を受けないから合法なんだろう」みたいな適当な感覚で営業するなんて、業界人としてどうかしていますよ。

もちろん、広告宣伝規制は、それだけを見れば法的リスクが極限されています。
しかし、違反処分がないのには、その違反の種類によって様々な意味があるのです。

一件リスクがなさそうでも、店舗によって、又は店長の能力や考え方によって、大きなリスクを知らぬ間に抱えていることもあります。

プロであれば、自分の業界、自分の会社、自分の店舗の法的リスクはちゃんとわかっておくべきですけれど、残念なことに、私が期待するほどの理解を持っている方は、この業界にはほとんどおられない(特に経営者)ので、このプログでさんざん述べてきたことも、部分的に理解されていないか誤解されているのではないかしらと、なんとなく感じています。
posted by 風営法担当 at 13:22 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年03月12日

「なあなあ」になっている地域の風営法違反リスク

http://www.news24.jp/articles/2018/03/08/07387549.html

八丈島のスナックが風俗営業の無許可営業で摘発され逮捕者がでました。
ヘリで本庁に護送されています。

前から気になっていたんですよ。
離島でも風俗営業許可は取得されているのか。

東京は無許可営業に対して厳しい地域ですが、八丈島や三宅島だとどうなっているのかなと。
ですので、こういうニュースは興味深いです。

昨年末に警視庁の立ち入りがあって、接待しない旨の誓約書を出している。
けれども、「なあなあになっていた」ということで接待をしていたのですね。

よくある話ではありますが、「なあなあ」ってなんでしょう。
「少しずつ気がゆるんで・・・」みたいな意味でしょうか。

本庁の立ち入りがあって、誓約書も取られて、そこまでされたのになお逃げるチャンスを捨ててしまう。
そういうタイプの人はいるものです。特に「地方」。

恐ろしさを一度体験しないとわからない、という人はたくさんいます。
何度説明しても「わかったよー」みたいなことは言うけれど、実は本気で聞いていない。

特に「地方」の皆さん。
「今まで大丈夫だった」から大丈夫ですか?

それと、「ウチは大手だから大丈夫」
これもよく聞きますよ。パチンコ業界では。

世の中の変化を常に意識しましょう。
私のコンプライアンス研修で、とりわけ強く解説するテーマです。

大丈夫と思うなら身をもって試されたらいい。
いつか「その日」がやってくるかどうか。
posted by 風営法担当 at 13:25 | コンプライアンス総合

2018年03月05日

国会質問と答弁をみて思う

衆議院における高井議員の質問に対する答弁について、詳細は次のリンク先でご覧になれます。

質問
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a196070.htm

答弁
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b196070.htm

みなし機に関する部分を読んで、そしてこれらに関するネット上でのいろいろな意見や感想を見て思うのは、遊技機制度は理解されにくいものなのだな、ということです。

みなし機の撤去問題についても、実際に起きていることと、法的な論点にはズレがあるということもわかりにくいのでしょう。

撤去しなければ違反だ、とは限らない。
でも違反のおそれあり。

そのあいまいであるところに「意味」があるのですが、「わからなければなんでも行政に質問だ」と行動的になる人は業界内にもおられる。

質問されれば、当然ながら行政は「逃げる」

こうしていつもどおりスルーされる

この質問が現状に重大な影響を与えているとは思わないです。

撤去問題はすでにピークを過ぎています。

むしろ、賞品流通の方が気になっています。
posted by 風営法担当 at 11:31 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年02月26日

受動喫煙対策を怠ると過料だそうですが

受動喫煙対策としての健康増進法改正案が近く制定される見込みだそうです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27233430S8A220C1EAF000/?n_cid=SPTMG002

風営法の規制を受けている店舗の多くがこの話に関わってきます。
特に飲食店は重大です。

その内容は正式な法案が公表されていないため、ニュースによる断面的な情報しか見れず、とてもわかりにくいから省略します。

こういうときはいつも、「法案があるなら全部だしてよ」と思うのですが、一つ気になるのは違反した場合のペナルティのこと。

厚労省管轄の法令ゆえに、健康増進法に基づいた指導監督は地方自治体の保健行政が担当するのでしょう。

いずれは多くの飲食店がこの法令に違反することになりそうですが、違反したら「指導」、そして「勧告」と続き、それでも無視したら「過料」だそうです。

「過料」は刑事罰ではなく行政罰ですから、よく世間で言われる「前科」はつかないです。

裁判所に通知されてから過料決定が出されるということでしょうから、役員登記を懈怠した場合と似たような事務処理になりそうです。

登記懈怠が100万円以下の過料ですが、喫煙禁止場所への喫煙設備の設置や設備基準を満たさない喫煙室の使用は、施設管理者に50万円以下の過料だそうなので、過料の金額も数万円程度でしょうか。

そもそも夜の飲食店に保健所の職員が立ち入るなんて、あまり想像できないのです。

公安委員会はどうかかわってくるのか。これは結構重要なことだと思います。
その話はまたいずれ。
posted by 風営法担当 at 11:06 | 風営法一般

2018年02月15日

たかが名簿の不備で書類送検 その背景は?

ベトナム人不法就労、風営法違反容疑 風俗店従業員ら追送検
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180215_13022.html

毎年秋頃になりますと、どこのホールにも警察の立ち入りがありまして、名簿のチェックをされますね。

飲食店でも、立ち入りで最初に見られるのが名簿です。

従業者名簿の住所欄が空欄になっているだけで指示処分。

でも、しょせんは指示処分。

そう思っていますよね。

風営法違反には、刑罰対象の違反と、そうでない違反があります。

これは風営法研修の中級以上の場合によく取り上げるテーマです。

法令違反にはいろいろある、ということです。

で。

たかが名簿の不備だから指示処分だろうと思いきや、このニュースのように書類送検、つまり刑事罰対象になるケースがあります。

そう。名簿は意外と重要なのです。

本命は入管法違反でも、強制捜査のスタートを切るには風営法違反の方が「使いやすい」。

こういった現象はよくあることなので、総合的な配慮が重要だと、常々お願いしているわけです。

遊技機規制違反なら行政処分どまり。

しかし、無承認変更で来られたら致命的です。

そして捜査の結果、お金の流れの不自然さに目をつけられ、名義貸しまでバレてしまった。

「芋づる式」という現象です。

もう営業停止じゃすみません。グループ会社まで影響が及びます。

名簿をしっかり管理すればいい? そういうことではありませんよね。

もっと重大なリスクを気にしておいていただきたい。

こういったリスクを抱えておられる会社は少なくないのですが、経営者の方々は理解されているのでしょうか。
posted by 風営法担当 at 18:55 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年02月12日

飲食店の風営法違反摘発事件急増中

風営法違反で飲食店店長逮捕
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=02110040270&day=20180211

このニュースは大分ですが、昨年後半あたりから全国的にこのタイプの摘発が増えています。

飲食店における年少者使用の問題です。

居酒屋に行きますと、けっこう若い男女が働いていますね。

年齢を聞くと「17歳」だと。

時計を見ると夜の9:50。

「あと10分で風営法違反だなー」

と思ってみていると、予想通り10時を過ぎても働いている。

そういうケースが今、警察の摘発の対象となっていて、いきなり捜索令状による捜索が行われ、逮捕され、罰金となり、営業停止。

つい先日も、関東圏で摘発のご相談があったばかりです。

労働基準法違反なら労基署管轄。しかし、風営法なら警察の管轄。

警察を労基署みたいなものと考えてはいけません。それは甘いです。

ですので、少なくとも夜10時を過ぎたら年少者を表にだすのは無謀すぎます。

この意味がおわかりでしょうかね。。。

夜10時以降に18歳未満の客がいる場合も違反です。

飲食店における風営法の規制について詳しくはこちらを
http://cozylaw.com/fuei/inshoku-kisei/

居酒屋系の営業は摘発リスクが高まっております。

早急に対応しないと危険です。

ご相談はお早めに。 のぞみ合同事務所 電話042−701−3010 風営法担当まで
posted by 風営法担当 at 16:27 | 飲食店業界

客に賞金提供した疑い 風営法違反で逮捕

マージャン大会で客に賞金提供した疑い 店長の男逮捕
https://www.asahi.com/articles/ASL272TG4L27OIPE001.html

パチンコ店と同じ風俗営業4号の業種で、遊技結果に対して現金を提供したら違反である。

ホール業界においては、ごく常識的な知識ではありますが、堂々とチラシをまいて麻雀大会をやっていた麻雀店が摘発されたというニュースです。

「立入りの際に大会の資料が見つかった」とありますが、店側が違法であることを認識していたのかどうか。

麻雀業界の人は風営法についての認識が今一つ足りていない風景をよく見かけますので、よくわかっていなかったのかもしれません。

そして、いきなり逮捕です。刑事罰付きの違反ですしね。しかも名古屋の中署です。。。

でも、これに類似する案件の相談は最近増えています。

競技会で賞金を提供したらいけないのか。

風営店舗を賞金つきダーツ大会の会場として貸したらどうなのか。

では店舗の外ならば。。。悩ましい部分がありますね。

あとは賭博罪の解釈の問題ともなりえましょう。
posted by 風営法担当 at 15:24 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2018年02月05日

経営者ならわかってほしい<摘発の背景にあるもの>

特定遊興飲食店の無許可営業が全国で初めて摘発されたというニュースがありました。

六本木の老舗クラブで「青山蜂」とネットでは出ています。

改正風営法が施行されてかなり経過していますが、その間ずうっと無許可営業だったわけです。

その是非はともかくとして、近隣住民から取り締まりを求める嘆願書がでていたという情報があります。

住民からの要請」は摘発を促す背景となりやすい要因です。

これは飲食店全般に言えることですが、私の経験では、騒音などで営業所周辺の住民に迷惑をかけている場合は摘発されやすいです。

考えてみれば当然のことなのですが、風営法は地域の「風俗環境の保持」などを目的としているわけで、住民から苦情が出ると言うことは、風俗環境への悪影響が想定されやすいですね。

管轄の警察署にしてみれば、住民からの苦情はそもそも無視できないものですから、違法かどうかをうんぬんする以前に、苦情処理として対応しないわけにはゆきません。

もし法令違反が確認されていなくても、それなりの「指導」をすることになりますが、もしそういった指導が無視されれば、「何か違法な部分がないかな」と思われるのは、ごく自然な成り行きです。

そんな状況において、「すでに無許可営業をしている」ということであれば、摘発しないでいられるものか。

ということです。

ですので、ホールさんでも飲食店でも、経営者たるものは店舗周辺の皆様と「うまくやってゆく」ことが重要なのであって、長年経営されている人なら、そのあたりのことをよく心得ておられるはずです。

ならば、老舗のクラブがどうしてそんなことになったのか。さあて、それはよくわかりません。
posted by 風営法担当 at 13:59 | 風営法一般