2020年06月01日

営業再開

東京では都からの休業要請を無視してほとんどのホールが営業再開に踏み切りました。
都遊協さんはかなりご苦労をされましたね。

さて、これからどうなるのか。。。
そりゃ、メディアからたたかれるでしょうね。でも、ホール経営者としては覚悟のうえのこと。

あとはなるようになれ、ということですが、これで今後クラスターが一切発生しなかったとしたら、あの休業は「やりすぎだった」可能性が高くなります。

新型ウィルスの実態が未知なので、それはそれで仕方がなかったとも言えますが、今後はそういうことではね。。。

もし、どこかのパチンコ店でクラスターが発生したら、「それみたことか」ということで、全国のパチンコ店は休業要請に従わざるを得ない状況に追い込まれるかも。

ということは、今、感染防止策をしっかり実施することが、ホール業界の未来にかかっているとも思えます。

そして、気がかなりなのは<遊技機の撤去問題>のこと。

経過措置を改正したのは何のためだったか。

「今般、新型コロナウイルス感染症の影響により、改正後の基準に係る遊技機への入替が困難となっており、また、入替作業等に伴う感染拡大の防止を図る観点から、改正規則の附則を改正し、経過措置期間の延長を行うものである。」

と、通達にはあります。

なるほど。。。。
@入替えが困難だから。
A入替作業で感染するリスクがある。
と、二つの理由があるのですね。

いろいろ思うのですが、ここでは述べません。
とりあえず感謝ですな。
posted by 風営法担当 at 14:13 | なんとなく風営法がわかるBar

2020年05月08日

休業要請緩和における「他とは違う」の意味について思う

愛媛県知事の記者会見を見ていたのですが、愛媛県では11日から休業要請緩和の方向であり、パチンコ店についてはこれまで休業要請対象であったところ、三密などの所定の措置を講じることを条件として暫定的に解除するとのことでした。

その会見において、

<愛媛県では協力金がゼロであったにも関わらず、全てのパチンコ店が休業要請翌日から速やかに休業したから他の地域とは違う。よって条件付きで解除する。>

との趣旨で知事が発言されていました。

地域のホール事業者がまとまって社会的要請に応えたことが、愛媛県における休業要請の緩和につながったことが強調されていたのです。

一方で、他の地域では休業しないホールが存在したし、今日になって営業再開するところも出てきました。

業界全体としては完全なる休業を実現したい。でもできない。

当然ながら、行政側はかなりこまかく休業状況を把握しています。
警察も国から都道府県まで気にしています。

ここから先は憶測ですが、休業要請を無視しているホールさんが、この先何事もなしで済むのか。

この点について、私は「いろいろありうる」と考えています。

その「いろいろ」がどういうことであるか。。。

それはご想像ください。後はそれなりに覚悟すればよいことです。
posted by 風営法担当 at 12:16 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年04月27日

パチンコ店休業状況雑感

GWが始まったばかりのこの時点で、パチンコ業界では休業要請に応じないホールが残っていました。

昨夜も地元のホールを見に言ったら、夜8時で駐車場はほぼ満車。店内もかなりうまっていましたよ。

非常事態宣言が出た時点では、95%くらいのホールが休業し、残りの5%は経営的に余裕の無い零細ホールであろうと予想していましたが、私の想像をはるかに超えて多くのホールが営業を継続したので驚きました。私の認識は甘かった。

東京だと3割くらいだったですかね。名の知れた大手ホールもありました。

その後、大阪では休業しないホール名が公表され、世間ではパチンコ業界を批難する声が高まりました。
今日もお昼のワイドショーでさんざん叩かれている。

でも、今日あたりになって休業に転換するホールがたくさんでてきて、これでほ全てが休業に入りそうな雰囲気です。

でも、これで「めでたし」とはなりませんね。
一軒でも開いてればメディアは報道しますし、パチンコ業への悪い印象が記憶に残りました。
しかも、店と客とセットで。

もともとイメージ悪いんだからいいじゃない。。。。?

他業種に比べて、休業しない悪あがきの印象があまりに強烈でした。

世間の批判の内容を見ると、やはり営業上の法的問題点を指摘する声がたくさんありました。

この悪影響が今後どんなふうに出てくるのか。

次の行政講話でなんて言われるのかな。言われないのかな。

でも、セーフティネットではパチンコ業も一転して指定対象になれるそうで、頑張ってみてよかったですね。
posted by 風営法担当 at 12:01 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2020年04月20日

水曜日のメルマガ一時お休みします

コロナ感染防止として弊社でも一応業務の軽減を考えまして、水曜日の「コンシェルジュメールマガジン」の配信はしばらく取りやめることにしました。

とは言っても、弊社スタッフは電車通勤の人はほとんどいないし、行政手続きや相談業務は平常通り動いていますから、ご相談はこれまでどおりご遠慮なくお寄せください。

ホール営業向けに毎週火曜日に配信している「P店法務チェック」は配信を続けております。

経済活動の停滞により、しばらく苦しい状況が続きますが、なんとか乗り切っていきましょう!!
posted by 風営法担当 at 14:12 | 法務コンシェルジュサービス