2021年02月04日

なめられたら斧で破壊!倍返しだ!!

https://news.livedoor.com/article/detail/19642066/
機動隊34人が斧でドア破壊!“時短無視”歌舞伎町キャバクラ店突入の背景

警視庁さんも、斧で破壊とはさすがですね。
今回が初というわけではないそうですが。

ただ、記事には少しあまいなところがありますね。
法律的にどうなっているのかを推測してみますと。

(報告及び立入り)
風営法第三十七条
2 警察職員は、この法律の施行に必要な限度において、次に掲げる場所に立ち入ることができる。ただし・・・

というわけで、警察職員は風営法にもとづいて風俗営業所に立ち入ることができます。
これは「捜査」ではなく「調査」です。

お店の中から人の声が聞こえた。だから立ち入りますよと声をかけました。
でも、中の人がドアを開けない。
さて、こんなときにどうなるかが次の条文です。

風営法第五十三条 次の各号のいずれかに該当する者は、百万円以下の罰金に処する。
七 第三十七条第二項又は第三十八条の二第一項の規定による立入りを拒み、妨げ、又は忌避した者

警察職員が立ち入りのために店内に入ろうとしている。
それを知っていながら店内の者がドアを開けないとしたら、それは立ち入りを拒み、妨げ、忌避したことになる。

これは罰金刑が定められているから犯罪だと。
この時点で「立ち入り調査」は「犯罪捜査」に切り替わります。

次に、もう一つの可能性。こっちの方が可能性が高いです。
それは、営業停止処分を受けているのに停止期間中に営業していた。
という犯罪ではないか。

風営法第四十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
四 第二十六条、第三十条、第三十一条の五第一項若しくは第二項、第三十一条の六第二項第二号若しくは第三号、第三十一条の十五、第三十一条の二十、第三十一条の二十一第二項第二号、第三十一条の二十五、第三十四条第二項、第三十五条、第三十五条の二又は第三十五条の四第二項若しくは第四項第二号の規定による公安委員会の処分に違反した者

いずれにせよ犯罪が行われているぞと。
で。ここから機動隊さんたちの出番です。

捜索令状を取りますと、捜索のために錠をはずし、封を開き、その他必要な処分をすることができます。

あらかじめ準備していたんでしょうね。なにしろ夜中に「機動隊が34人」もいるんですから。

お店の人も、まさかここまでやられるとは思っていなかったでしょう。
ドアが破壊されつつあるのに気がついて、中からドアを開けましたと。

そのあとどんな恐ろしい目にあったことか。。。
想像するだにコワイですねえ。

さて。このニュース記事では時短営業をしていなかった点にこだわっていますが、ボッタくり営業の方が問題だったように思われます。

行政処分が指示だったのか営業停止もあったのか不明ですが、「店側は応じる気配を見せなかった」とありますので、営業停止だったのかな。

要するに警察をなめていたわけです。

私の経験では、ここまでなめ腐ったことのできるツワモノがいたということに驚きです。

なめられたらやりかえす。倍返しだ。
ということですな。そうでないとねえ。

時短と言えば、2月7日までの時短協力金の支給請求はいつからできるのか。
期間延長にともなって申請時期も延長なのか、ホームページにも見当たらないし、役所の担当に電話しても「わからない」と言われました。

飲食店のオーナーさんは資金繰りの目途が立たないで困っている人が結構います。
仕方なく営業再開しようかな。という声をけっこう聞きますが、情報を早く出してくれないとこうなります。

困っている経営者さんたちのこと、ちゃんと考えてくれてますかね。

あ。そうそう。
今さらですが、機動隊に破壊されたドアは誰が弁償するんでしょう。
posted by 風営法担当 at 18:51 | 風営法一般

2021年02月01日

メイド服で客と遊技したら

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO


メイド服で客とトランプ… 経営者を逮捕
https://news.yahoo.co.jp/articles/59a8a9b70f5e0e24c7fb9685b0cc62325fcfb2c2

このニュースの内容は、先日このブログでアップしました「ガールズパチンコ」の話とかぶっていなくもないです。

が、「無許可」とあるのは、どっちの無許可?

メイド服を着たお姉さんが接待したから「社交飲食店営業の無許可」なのか。

それとも、トランプ台という遊技設備を設けて客に遊技をさせた「ゲームセンター等営業の無許可」なのか。

ニュースのタイトルで「無許可で遊技させた疑い」とあるので、ゲームセンター等営業の無許可営業での摘発ですね。

この店が飲食店ではないとすれば、1号社交飲食店営業の無許可営業としては摘発できないです。

よく「10%理論」と言われる行政解釈を根拠にして遊技設備を無許可で使用させている店を見ますが、けっこうな確率で「10%」は成立していないので、法的には「無許可営業だろうな」と思える場面がよくありますが、行政側もそこは大目に見ているということはよくあるでしょう。

ですが、メイド服のお姉さんが名古屋の繁華街でカジノゲームをさせるとなると、行政目線からすると穏やかではありません。

放置すれば本格的な賭博店舗になってしまうという連想が働きますから。

でも、許可を取っておけばよいのですよね。

メイド服で接待するなら1号社交飲食店の、トランプテーブルで遊技させるなら5号営業の許可を。

両方同時に許可を取るかどうかは悩ましい問題ではあります。

「メイドパチンコ」

なんて、いかがでしょう。

パチンコ店はすでに4号営業の許可がありますから。


☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO
posted by 風営法担当 at 17:42 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2021年01月28日

旧規則機に対する警察庁の考え方:講話を読んで(2021年1月末)

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO



1月26日付の警察庁課長講話です。

遊技機撤去問題に対する警察庁の基本姿勢がうかがえるので、重要部分を忘れないうちにメモとしてこちらにアップしました。

<以下抜粋>

・・・・・・・・・・・・
昨年の規則改正の経緯については、昨年の本会でお話したとおりであります。
新型コロナウイルス感染症の影響により、遊技機の部材調達が困難化するなど、新規則機への入替を予定通り進めることが困難となり、また、入替作業等に伴う感染拡大の防止を図る必要があるという業界の事情があった。

一方で、社会一般の視点からは、射幸性の抑制という命題が後退したと受け止められてはならず、また、撤去期限がそのまま後ろ倒しになり、経過措置期間満了間際になって撤去が集中する等の事態を避ける必要があるという問題があった。

これらの問題の解決に向けて、業界団体の幹部の皆様と議論をしました。これは、ぱちんこホールだけの問題ではありません。

期限を延長すれば、当然、遊技機メーカーや販売会社に大きな影響が出ます。両団体におかれては苦しい判断であったとお察しします。しかし、それでも、この危機を業界全体で力を合わせて乗り切ろうということで、6団体から撤去期限延長の要望がありました。

そこで、業界団体による旧規則機撤去の取組に対する信頼をベースに、入替を分散化して計画的に行うための規則改正を行ったものでした。


(1点目は、遊技機の廃棄方法につき抜粋せず)

2点目は、ぱちんこホールにおける旧規則機の取扱いについてです。

旧規則機の撤去期限の延長に伴い、旧規則機の設置が相当長期になっているホールがあります。

ご承知のとおり、ある遊技機が、経過措置期間内にあったとしても、経年劣化による故障等により、法令上の基準に適合しなくなり、その状態で設置し続けていれば、法令違反となります。

一方、部品交換等をするにしても、正規に部品調達ができない等として、承認申請等の手続きを経ることなくこれを行えば、無承認変更等として法令違反となります。

いずれも重い処分の対象となりますので、くれぐれもご注意ください。

なお、新規則機については、遊技機メーカーにおいて開発努力が続けられています。
当庁においても、射幸性を上げることに繋がるものではなく、魅力ある遊技機作りが可能となるよう、多彩な演出やゲーム性を高める内容の要望については、前向きに対応しているところです。

また、昨年より、当庁と日工組、日電協の方々との間で話し合い、指定試験機関の試験枠を臨時増設しているほか、両団体内でも型式試験の適合率を高めるための対策がなされています。
遊技機メーカーによる引き続きの努力に期待します。
・・・・・・・・・・・

以上抜粋おわり

全体の文量の割合からすると、メッセージの大半はコロナ対策と遊技機問題であり、内訳はほぼ半々といったところです。

重要な課題ほど発言の順序が後ろになることを考えると、主要案件は遊技機撤去問題となります。

解説はいずれメルマガにて。

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO

posted by 風営法担当 at 11:19 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場

2021年01月25日

ガールズぱちんこは法的にはありえる!?

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO


最近、ぱちんこ店が発信するSNS、特にTwitterにおいて、アイドル化した女子店員さんの活躍が目覚ましいですね。

内容が徐々に、妙に、苛烈になっているような気がしなくもないですが、店員さん目当てで来店するお客さんでも来ないよりはマシ。

とは言え、そういうお客さんがどれだけ打ってくれるのか。
はたまた、客としてのマナーはいかがなものなのか。

そういった不安はありますが、風営法全般を見ている私のような者にとっては、こういった方向性での試みを新鮮な気分で眺めております。

そもそも風俗営業の主役は「社交飲食店」であり、女性接待スタッフです。
私にとってパチンコはほんの一部分。

接待(接客ではなく)サービスが遊技場ではタブーなのかと言えば、法的にはそうではありません。

多くの条例において「ひわいな行為その他・・・」という条項がありますが、これは社交飲食店にも適用されているので、ぱちんこ店の接待を禁止するのとはちょっと違います。

条例はともかく、風営法の中では、ぱちんこ店で女性が接待してはいけない、という条項はみあたりません。そもそも、ぱちんこ店は食品衛生法の飲食店許可を必要としないので、店内で接待をしても、飲食を提供していない限りは「社交飲食店」には該当しないと。

つまり、風俗営業の許可がなくとも接待営業はできてしまいます。

で。「接待とは?」となりますが、お客さんの横に座って「歓楽的雰囲気」を醸成しながら遊技方法を指導したり、大当たりのときに一緒に騒いだりしたら、一応「接待」と言えなくもないですが、目押しを代わりにやったりしない限り、それは違法とは断定できないわけです。

もしそんな<サービス?>いや、女性スタッフを目当てにお客さんが来るようになったら、それはバー営業における「ガールズバー」のようなものです。

言うなれば「ガールズパチンコ」。

では、遊技料金のほかにサービス料や指名料を店が受け取ってもいいのか。

遊技結果に無関係であれば、風営法的にはダメな根拠がないと思うのです。

もしこれらの発想に間違いがあったときは、この記事はそおーっと消してしまいます。

ご興味のあるホールさんからのご連絡をお待ちしております。。。まあ、ないでしょう。

誰かツッコミいれてください。

☆☆☆ツイッターはじめました!☆☆☆
https://twitter.com/lOlArsAliZbJfPO
posted by 風営法担当 at 20:45 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場