2020年07月13日

風営法への過大な期待について思う

「東京でコロナ感染が再拡大。風営法などの法改正で、実効性のある対応を」
https://blogos.com/article/470521/

↑このような記事を見まして、忘れないうちに思うところを述べます。

世間の皆様が風営法をどのようにイメージしているかを考えるのは私の専門領域でもあります。

私が関心を持った部分は、参議院の方のご意見の中の次の部分です。

「委員会質疑等でも、私はたびたび法改正(特措法or風営法)によって感染源となりがちな接客飲食業等には強制力・実行力をもって、補償とセットで休業していただく仕組みが必要だと訴え続けてきました。」

これは、風営法を改正して休業させるという意味なのかどうか。
感染予防として休業を法的に義務化するとしても、風営法の規制の目的と無関係なので、風営法を根拠にして休業を強制するのは無理かなと思います。特措法ならばありえるのでしょうかね。

健康問題は厚労省の管轄になりますし、飲食店は全て食品衛生法の規制を受けていて、保健行政の職員は立ち入り権があり、行政指導もできます。

でも、新型インフルエンザの感染予防は食品衛生の分野ともちょっと違うんですよね。
飲食物を通じてウィルスが感染する可能性はありますけど、食品衛生法だけで対応するのも、ちょっと無理かなと。

飲食業全般に規制をかけるなら保健行政がやるのが好ましいかもしれませんが、もしかすると「保健所よりも警察の方が頼もしい」というお考えでしょうか。でも、そこまでのことは記事にないので、わかりません。

さらに、こんなことも記事にあります。

「・・・・
・エビデンスに基づく詳細な制度設計
・闇営業をする違法業者の厳格な取り締まり

を行わなければ意味をなしません。特に後者については、第一波の際からずっと遵法業者が切実に望んでいたことです。」

「風営法対象業種は都道府県公安に届け出が必要なため、無届けで営業をしている業種は発見しやすく、警察・公安が本気を出せば取り締まりがしやすい業態のはずです。
無届け業者については法改正をするまでもなく取り締まれるはずなので、まずはこちらの摘発を徹底する。」

と記事にありました。
なるほど、と思います。

風営法と言う法律がある以上、しっかり取り締まりをして法令を守らせる。
法改正ではなく、<取り締まりをちゃんとやってね。>ということですが、元々やってなかったの?という話で終わってしまうかなと。

私も4月にこれについてブログで思ったことを書きました。
営業時間規制を守らないホストクラブなどがクラスターの温床とか言われている割には、取り締まりのニュースがあまり多くないので、手ぬるい感じはしておりましたけれど、どうなんでしょう。指示処分くらいは出ているのでしょうか。

「風営法対象業種は都道府県公安に届け出が必要」とありますが、言い換えれば、届出をして風営法を守っている限りは、たとえ感染予防策を講じていないとしても風営法に違反しませんし、警察もとやかく言えません。

総括しますと、<警察は風営法違反業者をしっかり取り締まってください。>

という主張はごもっともですが、それ以外で風営法に関係する部分は実質的にほぼ意味がないと思いました。

ネット記事では、風営法と警察に過大な期待をよせるご意見を散見しますが、法の運用上無理なことを議論するのはもったいないなと思いましたので、ここに述べました。
posted by 風営法担当 at 12:30 | 風営法一般

2020年07月03日

風営法で深夜営業がダメな理由とは?

ホ新・新藤加菜は蜜への矛盾、SC・西本誠は風営法の改正|都議補選・都知事選二〇二〇
https://www.fphime.biz/posts/8668769/

こんなネット記事↑を見つけまして、風営法がらみだと思って読んでみました。
きれいなお姉さんの部分はさておき。

西本さんという人が風営法の営業時間規制について意見を述べてられていました。
風営法についてまじめに考えている政治家は貴重だと思います。

で、こんな主張をされているとか↓

「まともな店がやれない時(時間帯)に悪事を働くのは凄い簡単なんですよね。時間を厳しくし過ぎると、悪い事をし易い。」と自身の経験も踏まえて話した。だが、水商売に限った話ではない点を幾度も強調していた。

私は夜の街に繰り出すタイプの人ではないので、このあたりのことについては保守的な感覚です。

つまり、
「夜中は寝てましょうよ。」
という考えです。

そのためか、西本さんの意見については、まだいまいちピンとこないとは言え、こういう考え方もあるんだなと参考になりました。

西本さんの意見を私が勝手に推測しますと

<風営法の営業時間制限をなくした方が治安が良くなる>

ということでしょうか。

そうだろうか?とは思いつつも、否定するほどの自信もありません。

ちなみに先日、ある人からこんな質問をされました。

性風俗(店舗型)とかは、なんで深夜営業がダメなんですか?」

うーん。なんでだろう。そういう男女の行いって、普通は昼よりも夜が多いよな。なのになんでだろう。。。

むしろ昼に制限した方が風俗環境にはプラスではないかな。

などと考えてしまったのです。

風俗環境に対する考え方は時代とともに変化もするし。。。

というわけで、西本さんのご意見も、私にはまだ少し理解できいないけれども、とても深い意味があるのではないかと思い、当分はこのことを念頭に置いて風営法を眺めてみようと思ったのです。
posted by 風営法担当 at 11:30 | 風営法一般

2020年06月25日

コロナ検査をしたとの嘘宣伝で不正競争防止法違反

大阪の性風俗店が<風営法違反(禁止区域営業)の疑い>で摘発されたニュースがありましたが、その後、不正競争防止法違反でも立件されたというニュースが出ました。

風営法違反だけでは物足りない事情があったかもしれませんが、風俗店に不正競争防止法を適用するという話は私にとって新鮮です。

で、関係条文を以下に。

不正競争防止法
(罰則)
第二十一条
第2項 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
五 商品若しくは役務若しくはその広告若しくは取引に用いる書類若しくは通信にその商品の原産地、品質、内容、製造方法、用途若しくは数量又はその役務の質、内容、用途若しくは数量について誤認させるような虚偽の表示をした者(第一号に掲げる者を除く。)
抜粋おわり


さて、この風俗店では、

新型コロナウイルスをめぐり、「全従業員が検査で陰性だった」などとホームページ(HP)で告知していたが虚偽であった

とのことで、これが不正競争防止法違反だと。
なるほど確かに。

罰則を見れば風営法違反よりも重いですね。
それに、こっちの方が構成要件を固めやすい。

広告内容どおりの検査が行われていないことは容易に立証できますから。

さて。広告担当の皆さん、軽い気分で嘘をつかないようにね〜。

検査キッドは確かに販売されていますが、それなりの値段です。
やるならちゃんとやらないと。
posted by 風営法担当 at 11:50 | 風営法一般

2020年06月19日

風営法初級テストのことで思う

パチンコ業界も、コロナ騒ぎでコンプライアンスどころの話ではなくなっていました。

受動喫煙対策も、ハラスメント対策も、いつの間にかどこかに行ってしまった感があります。

風営法関係のお問い合わせも、しばらく少なかったです。休業中だから当然ですけれど。

でも、風営法違反の摘発関係の情報はチラホラありますね。

福岡では無承認変更と自家買いで。
長野では自家買いで。

というわけで、釘と買取の問題は相変わらず存在しているということです。
古物営業のことも気にかかりますしね。。

最近思うんですが、私も歳を取りまして、ホール業界に関わって20年くらいになります。
私と同世代の業界人の人たちはかなり少なくなって、私より若い世代の人たちが重責を担っているわけですが、世の中変わったなと。

世の中いろいろな面で「法律どおり」が進んできて、そのせいもあってか、「法律どおりが当たり前」という感覚の人がホール業界でも増えてきているのでしょう。

妙にまじめな人が増えている。
いや、「妙」とは失礼ですかね。。。

でも、業界の法的な諸問題の多くは、依然として昔のままです。
本質的な問題を理解して日々判断されていればよいのですが、どうでしょう。

風営法のことで疑問とかありませんか?大丈夫?

「わかってるよ。大丈夫。」

とおっしゃる。

(いや、そんなはずはない。。。)

油断すると危険。
それは今も昔と同じですが、今の人たちはそこのところをわかってくれていますかね。

本音がよくわからいのですよ。それに。
自分の理解度なんて、意外と本人がわかっていないものです。。

そう言えば弊社の風営法初級テスト。
休業期間中、よく利用されていました。

うれしいのですが、初級はしょせん初級。
あれだけでは中途半端で、むしろ危険でもあります。

本当に重要なことはオンライン研修では伝えにくいことなので、三密のリスクがあってもアナログで伝えないと。
このあたりが今の課題の一つです。

一方で、オンライン研修の手軽さにも注目しています。
ハラスメントアンケートを実施し、その結果を踏まえてオンラインでハラスメント研修。

現地に行かなくてもハラスメント対策を支援できるじゃないかと。

人がどんどんナイーブになってきていますね。
議論を避けるために本音を言わない人達。

それがよいことだという風潮が様々なリスクを生んで、コンプライアンスの根幹に影響を与えています。
さて。。

「思ったことを言っちゃいなよ。」

「無理に言わないでいいよ。こっちで工夫するから。」

どっちが正解ですかね。

時代のながれは

「無理に言わないでいいよ。こっちで工夫するから。」

でしょうね。
ですので、アンケートが重要です。本音をキャッチできる方法の。

弊社ではアンケート実施の支援も行っています。
お問合せをお待ちしております。

のぞみ総研コンプライアンス担当
電話042-701-3010
posted by 風営法担当 at 17:44 | パチンコ・ゲームセンター・遊技場